マンガのセリフを読み上げてくれる!dTVのマンガが高性能すぎる!!読み方やラインナップについて紹介!

月額500円(税込み540円)で12万作品もの作品を視聴出来る動画配信サービスです。

他の動画配信サービスと比較しても価格は比較的に安価でコンテンツ数も多いことから人気を集めています。

しかし、dTVでは動画コンテンツだけでなく様々なコンテンツを配信しているのはご存知でしょうか。

その中の一つのコンテンツが『マンガ』コンテンツです。

今回はdTVのマンガコンテンツのマンガの読み方やラインナップなどについてご紹介していきます。

dTVのマンガは動画で再生される


dTVのマンガ作品はかなり特徴的です。

その理由はマンガが動画作品となっているからなんですね。

通常の電子書籍であればパソコンはクリックする、スマホであればフリック操作で読み進めますがdTVは動画である以上そういった操作は利用しません。

また、動画という特徴を使ってより迫力ある描写になっているんですね。

強調されるコマは自然と拡大されたり、震えるシーンではコマがホントに震えていたりなど粋な演出を味わうことが出来るのがdTVのマンガ作品の大きな特徴です。

dTVのマンガはページ送りが出来ない・・・


逆にdTVのマンガのデメリットな点は自分の思うがままにページ送りをすることが出来ない点です。

dTVのマンガは自動でページが進んでいきます。

ページ送りをする必要が無いというのはメリットではありますが、逆を言えばセリフが短いシーンでも同じ速度でページのコマ送りがされるので、若干読むのには時間がかかってしまいます。

例えば1話45ページあるとします。

dTVのマンガでこちらのエピソードを読もうとすると、15分かかってしまうんですね・・・。

通常であれば5分程で読み終わるマンガもdTVで読もうとすると、少々時間がかかってしまいます。

ただ、その分コマが動いたりなどダイナミックな演出がされているので、マンガをより楽しむことが可能です。

 

マンガのラインナップは?


dTVで公開されているマンガ作品を調査しました。

現在公開されているマンガは以下の通りです。

dTVマンガ作品一覧 (2019年1月時点)

  • ういらぶ。
  • パーフェクトワールド
  • 今日、恋をはじめます
  • グラップラー刃牙
  • へうげもの
  • あのコの、トリコ。
  • BE-BOP HIGHSCHOOL
  • 好きっていいなよ。
  • 王様達のヴァイキング
  • PとJK
  • 兄に愛されすぎて困ってます
  • 未成年だけどコドモじゃない
  • 胸が鳴るのは君のせい
  • 近キョリ恋愛
  • 花にけだもの
  • わたしに××しなさい!
  • コスプレ☆アニマル
  • せいせいするほど、愛してる
  • となりの怪物くん
  • バトルスタディーズ
  • 一礼して、キス
  • ココロ・ボタン
  • 進撃の巨人
  • 新宿スワン
  • 神さまの言うとおり
  • サプリ
  • アイアムアヒーロー
  • 寄生獣
  • カノジョは嘘を愛しすぎてる
  • 先輩と彼女
  • うずまき
  • アゴなしゲンとオレ物語
  • モテキ
  • 働きマン
  • 主にないてます
  • 人間失格
  • 午前3時の無法地帯
  • 柴田さんちのエリザベス
  • 鈴3太郎
  • 資本論
  • 熱いぞ!猫ケ谷!!
  • みんな!エスパーだよ!
  • ユニコ
  • アロマチック・ビターズ
  • ケセランパサラン
  • 戦争と平和
  • ドン・キホーテ
  • ロマンスの泉
  • 蟹工船
  • レ・ミゼラブル
  • グレート・ギャッピー

※一部の作品は一部のエピソードしか配信されていない作品があります。

現在は52作品のマンガ掲載されていました。

傾向としては『少女マンガ』作品が結構多い印象です。

『ういらぶ。』や『パーフェクトワールド』『今日、恋をはじめます』『となりの怪物くん』『花にけだもの』など有名な作品もかなりありますよね。

また、もう一つの傾向は『映像化されている作品がかなり多い』ということです。

こうズラーッと見てみるとほとんどアニメやドラマで映像化されている作品ばかりなんですよね。

しかも、その映像化された作品はdTVに配信されています。

映像化された動画を見て、原作になっているマンガも読めるというかなり魅力的なコンテンツとなんです!

 

マンガから声が出る!?新ジャンル『ムービーコミック』!


dTVでは動画でマンガを配信することで新たなマンガの可能性を生み出しています。

それが『ムービーコミック』です。

この『ムービーコミック』というのはマンガのセリフを声優さんが読み上げてくれるという動画ならではの機能が付いている作品があるんですね!

こちらの機能に対応している作品の中には

  • 進撃の巨人
  • 新宿スワン
  • アイアムアヒーロー
  • 寄生獣
  • となりの怪物くん
  • ういらぶ。
  • 花にけだもの
  • 今日、恋をはじめます

など様々な作品に対応しています。

試しにとなりの怪物くんを視聴してみたところ、アニメ版で担当されていた戸松遥さんの声でセリフを読み上げてくれました!

効果音なども収録されており、感覚的にはボイスドラマとマンガを一緒に体験するような感覚です。

アニメになっているような作品では担当していた声優さんがそのまま担当しているようなのでぜひ視聴してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ


dTVのマンガ作品は見る前は『おまけ程度だろうな』と思っていました。

ですが、蓋を開けてみると『進撃の巨人』や『グラップラー刃牙』『となりの怪物くん』など有名作品も多数配信しているんですよね。

しかも、セリフを声優さんが読み上げてくれるというマンガの新しいジャンルが出来ています。

アニメ化している作品が多数ですので、見てみたいマンガがあるという方はぜひdTVでご覧になってみてはいかがでしょうか。

dTVのマンガ作品についてご紹介しました。

dTVを使ってみる(無料)

ユウキ

マンガ歴20年・マンガアプリ歴3年のベテランマンガ評論家。日々マンガを読み続けてマンガ知識を蓄積中。趣味はマンガとゲームと白米。好きな漫画は「幽遊白書」ザマンガ編集長。

dTVにお試し登録する