無料でも可能!dTVをテレビで見る方法は?オススメの方法を4つ紹介!

こんにちは!ザマンガ編集部です。

dTVは月額500円(税込み540円)で映画、ドラマ、アニメなど様々な動画作品を視聴することが動画配信サービスです。

掲載されている動画の総数は全てが見放題というわけではありませんが12万本掲載されており、数ある動画配信サービスでもトップクラスのラインナップを誇っています。

そんな動画作品をどうせならパソコンやスマホでなく大画面で見たくなりますよね。

dTVではそんな方のためにテレビでも動画を視聴することが出来るようになっています。

今回はdTVをテレビで見るオススメの方法についてご紹介していきます。

※テレビで視聴するためにはまずdTVへの登録が必要です

dTVへの登録はこちらから→dTV公式サイト

 

テレビでdTVを見る4つのオススメの方法


dTVをテレビで見るためには、テレビにインターネット回線が必要になります。

最近発売されているテレビの中には『スマートテレビ』というインターネット機能が内蔵されたテレビが販売されていますが、ほとんどのテレビではそのままではインターネット接続することはできません。

そこで必要になってくるのが『Fire Stick』や『Apple TV『PS4』などのサードパーティ機器です。

これらのサードパーティ機器を利用することで、テレビでのインターネット接続が可能となり、dTVをテレビでも視聴することが出来るようになります。

今回はそんなテレビにインターネットが繋がるようになるオススメのサードパーティー機器4つご紹介します。

既に所有していれば無料でもすぐに利用出来る機器もありますので、ぜひご覧ください!

ご紹介する機器は

① Fire TV Stick

② Apple TV

③ Chromecast

④ パソコン

です。

それぞれの詳細や費用について見ていきましょう。

 

まずは確認!テレビにHDMI端子は付いてますか?


HDMI 入力端子

まず、サードパーティー機器をご紹介する前にテレビでdTVを利用出来ないテレビを紹介します。

それが『HDMI入力端子』が付いていないテレビです。

テレビにブルーレイレコーダーやPS4などの機器を取り付ける時に良く指すHDMIケーブルのことです。

テレビにはHDMI端子以外にもVGA端子やRCA端子などで接続することが出来ます。

しかし、dTVではコンテンツの不正コピーを防ぐためにVGA端子などのアナログ出力での再生が出来なくなっています。

そもそも最近のサードパーティではほとんどがHDMI端子にしか対応していません。

ですので、テレビで視聴する際はHDMI端子が必要になるわけですね。

最近のテレビはHDMI端子はほとんど付いていますが、古いテレビには付いていない可能性がありますので、まずは確認しましょう。

 

① Fire TV Stick


Fire TV Stick

Amazonが販売するスティック型のデバイスです。

テレビのHDMI端子に挿し、wifi設定をするだけで簡単にテレビでインターネットを楽しむことが出来ます。

Fire TV StickではdTVだけでなく、HuluやNetflix、Youtube、Amazonプライム・サービスなどの動画サービスも問題なく利用することが可能です。

価格も最も安く、あまりお金をかけたくないという方にはオススメです。

唯一の欠点は操作するリモコンが使いづらいという点。

シンプルな作りになっているのはいいですが、操作しづらいです。

より動画の滑らかさを求めるなら上位互換の『Amazon Fire TV』もオススメです!

価格 操作性 利用可能サービス
4,980円 dTV、U-NEXT、Netflix、Hulu、Youtube、dアニメストアなど

dTVへの登録はこちらから→dTV公式サイト

 

② Chromecast


Chromecast

Googleが販売しているデバイス。

Fire  TV Stickと同じくテレビのHDMIに挿し、wifi設定することで簡単にインターネット出来ます。

特徴としてはChromecastのリモコンはスマートフォンで出来るということです。

スマホにChromecastのアプリをインストールするだけでスマホがリモコンに変わります。

普段使っている端末なので使いやすいという感想も多いようです。

Fire TV Stickと価格も同等で、ライバル同士の機器となっています。

Amazon プライム・ビデオは視聴不可ですので、注意が必要です。

価格 操作性 利用可能サービス
4,498円 dTV、U-NEXT、Hulu、Netflix、Youtube、dアニメストアなど
※Amazon プライム・ビデオは不可

dTVへの登録はこちらから→dTV公式サイト

 

③ Apple TV


Apple TV

Appleが販売するデバイス。

Apple TVを接続すると、インターネット接続だけでなく、Apple MusicやiPhoneに入っている画像、動画などもテレビで見ることが出来る優れもの。

Siriによって音声操作も可能となっています。

唯一の悩みが価格です。

15,800円とどのデバイスよりも高いんですね・・・。

また、スマホがAndroidの方などのApple製品を持っていないという方はほとんど価値がありません。

Apple TVの強みはiPhoneのような他のApple製品と同期することが出来ることです。

iPhoneで撮った画像、動画をすぐにテレビで見ることが出来たり、iTunesを同期すれば、iPhoneに入っている音楽をテレビで流すことも出来ます。

価格 操作性 利用可能サービス
15,800円 dTV、U-NEXT、Hulu、Netflix、Youtube、dアニメストアなど

dTVへの登録はこちらから→dTV公式サイト

 

④ パソコン


PC

最後にパソコンを利用する方法です。

実はテレビはHDMIケーブルでパソコンと繋げるだけで、簡単にパソコンのモニターとして利用することが出来ます。

なので、テレビとパソコンを繋いでパソコンでdTVを開けばすぐにテレビの画面で視聴することが出来るわけですね。

しかし、パソコンによってはHDMIポートが付いていないこともあるので注意が必要です。

現に、MacbookはHDMIポートは付いておらず、USB-CポートもしくはサンダーボルトポートからHDMI変換ケーブルを使って繋ぐ必要があります。

ノートPCを持っている方には費用もほとんどかからないので、オススメの方法です。

 

それ以外のテレビへの接続方法


dTVではこれ以外にも様々な方法でテレビへ接続することが可能となっています。

ご紹介した以外の接続方法は以下の通りです。

・ドコモテレビターミナル

・ソニー「ブラビア」パナソニック「ビエラ」東芝「レグザ」のスマートテレビ

・AndroidTV

・ひかりTVチューナー

ただ、こちらの方法は費用が高かったり、導入するまでが少々面倒だったりというデメリットが大きいです。

しかし、こちらの機器を既にお持ちの方であれば、費用を掛けずにdTVをテレビで視聴することが出来ます。

対応テレビへの接続方法は公式サイトをご覧下さい。

dTV→公式サイト

 

まとめ


動画を見るのであれば、どうせなら大画面で見たいですよね。

テレビにインターネットが繋がっていないという方でも今では『Fire TV』『Chromecast』などで低コストで簡単にネット接続出来るようになっています。

テレビで見たいという方はぜひお試し下さい。

dTVをテレビで視聴する方法についてご紹介しました。

dTVの登録はこちらから!

『動画配信サービスがありすぎてどれがいいか分からない・・・』

という方は、以下の記事であなたに合う動画配信サービスを比較表、フローチャートで紹介していますのでぜひご覧下さい。

【2018年版】あなたに合う動画配信サービス(VOD)はこれ!一目で分かる比較表・フローチャート!!

dTVを使ってみる(無料)

ユウキ

マンガ歴20年・マンガアプリ歴3年のベテランマンガ評論家。日々マンガを読み続けてマンガ知識を蓄積中。趣味はマンガとゲームと白米。好きな漫画は「幽遊白書」ザマンガ編集長。

dTVにお試し登録する