今こそ見たい名作!『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』のあらすじや見所は?無料で見る方法も紹介!

鋼の錬金術師

こんにちは!ザマンガ編集部のユウキです。

SFファンタジー作品っていいですよね。

現実では起こりえないことが描かれ、何かと妄想に耽ってしまう展開が個人的に大好きです。

今回はそんなSFファンタジーアニメ作品の中でも極めて評価が高い作品のご紹介です。

紹介する作品は『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』。

10年以上前の作品ですが、その完成度の高さは今でも語り継がれている名作アニメ作品です。

今回はアニメはもちろんのこと、原作のマンガ作品を全巻所持している筆者が『鋼の錬金術師(通称ハガレン)』のあらすじや見所を余すところなくご紹介していきます!

ネタバレは控えているので、まだ見ていないという方も安心してご覧下さい!

※今回は2003年に放送された『鋼の錬金術師』ではなく2009年に放送された『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』についてのご紹介です。

配信サイト U-NEXT
dアニメストア
キャスト
(声優)
エドワード・エルリック:朴璐美
アルフォンス・エルリック:釘宮理恵
ウィンリィ・ロックベル:高本めぐみ
ロイ・マスタング:三木眞一郎
リザ・ホークアイ:折笠富美子
アレックス・ルイ・アームストロング:内海賢二
マース・ヒューズ:藤原啓治
ジャン・ハボック:うえだゆうじ
ハイマンス・ブレダ:佐藤美一
ケイン・フュリー:柿原徹也
ヴァトー・ファルマン:浜田賢二
マリア・ロス:名塚佳織
キング・ブラッドレイ:柴田秀勝
制作会社 ボンズ
放送日 2009年(全64話)

『鋼の錬金術師』とは?


概要


『鋼の錬金術師』は月刊少年ガンガンで2001年8月号から2010年7月号まで連載していたマンガ作品です。

作者は『荒川弘』先生。

ペンネームを見ると男性の方だと思ってしまいますが、実は女性の方なんですよね。

原作のマンガ作品は連載当初はもちろんのこと、連載終了後も多くの読者から支持を集めている作品で世界累計売上部数は7000万部を超えるほどの名作マンガとなっています。

そして、アニメ化も2回されています。

2003年に放送された1作目『鋼の錬金術師』はまだ連載が開始されて間もなかったことから描かれたストーリーは原作とは異なっており、こちらの評判はそこまで高くはありませんでした。

しかし、2009年に再び放送された『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』は原作に忠実に再現されたストーリーとなっており、原作と同じくそのストーリーの完成度の高さは多くの視聴者から今だに支持を受けています。

アニメだけでなくゲーム化や映画化も複数されているという大ヒットした作品が『鋼の錬金術師』です。

あらすじ


錬金術、それは「等価交換」の原則のもと、物質を理解、分解、そして再構築する、この世界で最先端の科学である。

この錬金術において、最大の“禁忌”とされるもの「人体錬成」。

亡き母親を想うがゆえ、禁忌を侵し、全てを失った幼き兄弟。機械鎧(オートメイル)をまとい、「鋼の錬金術師」の名を背負った兄、エドワード・エルリック。巨大な鎧に魂を定着された弟、アルフォンス・エルリック。二人は失ったものを取り戻すため、「賢者の石」を探す旅に出る。

兄弟は「賢者の石」の真実に近づくにつれ、大きな陰謀の渦中へと突き進んでいく。

暗躍する人ならざる者たちの存在。徐々にその本性をむき出しにする軍事国家アメストリス。虐げられた民の果て無き憎しみと復讐の念。

錬金術がもたらす幾多の悲劇。点在する悲劇は、やがて線になり、人を、民を、そして国すらをも巻き込んでいく。

兄弟は絶望と希望の狭間の中、それでも前に進む–。

 

『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』のここが見所!


『錬金術師』を軸とした綿密に錬られた物語は圧巻


『鋼の錬金術師』の見所と言えば、まずは描かれる世界観だと思います。

舞台となる『アメストリス国』では『錬金術』という技術が広く知れ渡っています。

錬金術の技術磨き上げた者だけが得ることの出来る『国家錬金術師』誰もが羨む国家資格なぐらいです。

そして、この錬金術をベースとした世界観はかなり凝っていてそして、素晴らしいと思ってしまうほどの世界観が描かれています。

国家錬金術師という職業は何をするためにいるのか、人体錬成、ホムンクルスなどなど錬金術ベースとしたストーリーは本作品の魅力そのものです。

また、錬金術だけでなくこのアメストリス国で起きている事態についても非常に練り込まれたストーリーとなっています。

イシュヴァールの内乱という悲劇、この国で暗躍する人物達など非常に濃密な物語が描かれているんですね。

ここまで最初から最後まで完璧と言っていい作品もなかなか出てこないのではないでしょうか。

それぐらい濃密な物語となっています。

『エド』と『アル』の二人の主人公も魅力


本作品の見所は主人公にもあります。

主人公は『エド』と『アル』の兄弟です。

兄の『エド』は史上最年少で最難関とも言われており『国家錬金術師』を取得した天才錬金術師です。

まだ年齢は15歳ということもあって、小さい身長のことを指摘されると怒り出す子どもっぽいところもあります。

弟の『アル』も兄に匹敵するほどの頭脳を持っていますが、アルには身体がなく鎧の姿をしています。

これは亡くなってしまった母を錬金術によって蘇らせようとしたリバウンドで身体を全て『真理の扉』に持っていかれてしまったためです。

兄であるエドはアルの魂だけは自分の右腕と引き換えに取り戻しますが、身体を取り戻すことが出来なかったため、アルの魂を鎧に定着させたので、アルは鎧の姿となってしまっています。

そんな二人が目指すものは、錬金術の原則である『等価交換の法則』を無視して錬金術を行うことが出来る『賢者の石』を探し出し自分たちの身体を取り戻すということ。

エドとアルが自分たちの身体を取り戻すことが出来るのかは本作品の大きな見所ともなっています。

本作品の良さはただ賢者の石を探し出すことで終わらないという所です。

二人の身体を取り戻す旅はただ賢者の石を探し出すことでは終わりません。

徐々に彼らが大きな事態に巻き込まれていく展開は本当に見所です。

ホムンクルスという凶悪な敵


本作品では魅力ある敵も登場してきます。

本作品の良さはこの敵にもあると個人的には思っています。

エドとアル達の敵となるのは『ホムンクルス』と呼ばれる人間のなりをした人間でない人物達。

そんな人物達はただエド達を殺そうとはしません。

簡単に殺すのではなく飼い殺しにするというのが何ともやりづらい敵達なんですね。

また、このホムンクルスという敵は人数は多くないというのがもう一つの魅力です。

数少ない敵なのに倒すことが出来ない者達ばかりというのが本作品の面白さを引き立てていると思うんですね。

そんなホムンクルスという敵をエド達はどう闘っていくのかは注目です。

 

『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』視聴者の感想・評価


世界観が凄い!!

男性

最初の6話ぐらいまでは、それ程面白いと感じませんでした。それ以降はグイグイと話に引き寄せられて、続きが気になって仕方なくなった。
世界観の面白さと、徐々に明らかにされていく登場人物の過去や事件の真相、すばらしい劇中曲。とても濃密な時間が過ごせました。
あにこれより紹介

男性

基本的には冒険活劇なんでしょうが、随所にダークな設定と悲惨な話が挟み込まれて、奥行きのある展開になっています。最初のTVアニメ化と比べると原作に忠実にアニメ化されていますので、世界観の違いや登場人物に違和感を持つことはありません(最後の最後で原作と違って来ますがそれもありかで流せると思う)。
全64話あるので、かなり気合を入れないと一気に見通せない分量ですが、ついつい引き込まれてしまいます。
あにこれより紹介

男性

二つあるハガレンの原作に忠実な方です。
「錬金術」がテーマの色々やらかしてしまった兄弟がワンチャン求めて冒険する一風変わった物語。
バトル、ギャグ、伏線、個性、シリアス、どれもが秀逸で、独自の世界観はもはや規格外。
作者の半端ないリサーチ力に驚きます。
ただでさえ資料が少ない「錬金術」を題材にここまで世界を作り込めるのはもはや神業です。
それでいて、そのような独特な小難しい設定を練り込みつつも、
アニメでは視覚と聴覚の情報で見事緩和されておりとてもわかりやすい内容になってます。
さすがゴールデンタイム。
長編とは言えテンポよくてサクサク見れるのでだるさは感じなかったです。
ただ一気見となるとそれなりの気合いが要りそうですがw
あにこれより紹介

世界観の凄いというのは多くの視聴者が感想を残していました。

ただ、全64話とかなり長編の大作となっていますので、かなり時間がかかるのには注意が必要です。

終わり方が最高

男性

錬金術で体を失った兄弟が失ったものを取り戻す物語。
ストーリー、キャラクター、背景の設定、全てが凝ってるなと思った。
錬金術という発想も面白いよね。また明るい主人公を描いてる割りに闇が深いアニメ。
とりあえず終わり方がめっちゃ良かった。本当に望んでた終わりかたで見たあとはまじでスッキリした
これ見るなら絶対最後まで見てほしい
あにこれより紹介

男性

普段スマホでは1クールか2クールのアニメしか見ない自分にとってはかなり長かったです。ただ、とても面白いので、長くても飽きません。
とにかく、終わりかたが美しい。究極のハッピーエンドです。見終えたあとの達成感とカタルシスがすごいです。夏休みなどの時間があるときに見ることをおすすめします。
あにこれより紹介

終わり方も良かったという感想も多くありました。

途中までは良かったのに最終回で賛否両論ある終わりになってしまう作品って結構ありますよね・・・。

しかし、ハガレンは終わりまで本当に綺麗に終わるので、ぜひご覧になってみて下さい!

 

『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』を無料で見るには?


本作品はいくつかの動画配信サービスで配信されています。

無料で視聴する方法はこの動画配信サービスに登録することが最も安全で早い方法です。

最近の動画配信サービスでは初めて登録する方限定ですが、『無料お試し期間』というものがありその期間中は料金が発生することはありません。

つまり、無料でたくさんの動画作品を視聴することが出来るんですね。

『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』が配信されているサービスは以下の通りです。

名称 料金(月額) 無料期間
U-NEXT  1,990円 1ヶ月
dアニメストア 432円 1ヶ月

オススメは『dアニメストア』です。

アニメ作品数は2,700作品と、dアニメストアはアニメに特化した動画配信サービスとなっています。

放送されている最新のアニメ作品から過去の名作アニメ作品まで様々なアニメ作品配信しています。

アニメだけ見たいのであれば、dアニメストアが一番のオススメサービスとなっていますのでぜひお試し下さい!

dアニメストア→お試しはこちらから!

 

まとめ


『鋼の錬金術師』は個人的には名作だと思っています。

全64話とかなり長い作品にはなっていますが、その中で中だるみすることもなく常に気になってしまうそんな作品でした。

原作の良さを最大限活かしているというのも魅力的な点の一つなので、まだ見ていない方やマンガだけ読んだことがあるという方でも一度は見てほしい作品です。

dアニメストアやU-NEXTの無料トライアルで見ることが出来ますのでぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。

『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』についてご紹介しました。

『他のアニメが見れるサイトを知りたい!』

『映画、ドラマ作品も見れるサイトはない?』

という方は、以下の記事であなたに合う動画配信サービスを比較表、フローチャートで紹介していますのでぜひご覧下さい。

【2018年版】あなたに合う動画配信サービス(VOD)はこれ!一目で分かる比較表・フローチャート!!

VODを使ってみる(無料)

ユウキ

マンガ歴20年・マンガアプリ歴3年のベテランマンガ評論家。日々マンガを読み続けてマンガ知識を蓄積中。趣味はマンガとゲームと白米。好きな漫画は「幽遊白書」ザマンガ編集長。

あなたに合う動画サービスがひと目で分かる!
詳しくはこちらをクリック