AI発展の先に待つ未来は?『PSYCHO-PASS サイコパス』を今見るとさらに面白い!感想や無料で見る方法を紹介!

PSYCHOPASS サイコパス

こんにちは!ザマンガ編集部のユウキです。

フジテレビのノイタミナ作品では様々な有名作品がありますよね。

アニメあまり見ないという方でもノイタミナ代表作『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』は知っている方が多いのではないでしょうか。

そして、そんな『あの花』と同じぐらい人気を誇った作品があります。

それが『PSYCHO-PASS サイコパス』です。

『人々の精神状態が数値化され、管理される』という近未来SF物語はかなり話題になり、映画作品まで制作されるほどの人気作となりました。

今回はそんな『PSYCHO-PASS サイコパス』が一体どんな物語なのかや見所、視聴者の感想などについてご紹介していきます。

配信サイト U-NEXT
dアニメストア
hulu
FOD
ビデオパス
キャスト
(声優)
狡噛慎也:関智一
常守朱:花澤香)
宜野座伸元:野島健児
征陸智己:有本欽隆
縢秀星:石田彰)
六合塚弥生:伊藤静
唐之杜志恩:沢城みゆき
槙島聖護:櫻井孝宏
制作会社 Production I.G
タツノコプロ
放送日 第1期2012年10月~2013年3月
新編集版:2014年7月~2014年9月

『PSYCHO-PASS サイコパス』のあらすじ


人間の心理状態や性格的傾向を計測し、数値化できるようになった未来世界。

あらゆる感情、欲望、社会病質的心理傾向はすべて記録され、管理され、大衆は「良き人生」の指標として、その数値的な実現に躍起になっていた。

人間の心の在り方、その個人の魂そのものを判定する基準として取り扱われるようになるこの計測値を人々は「PSYCHO-PASS(サイコパス)」の俗称で呼び慣わした。

犯罪に関する数値も“犯罪係数”として計測され、犯罪者はその数値によって裁かれる。

治安維持にあたる刑事たちは常に、犯人を捕まえる実動部隊となる“執行官”と、執行官を監視・指揮する“監視官”のチームで活動する。

自らが高い犯罪係数を持ち、犯罪の根源に迫ることのできる捜査官こそが優秀な“執行官”となりうる。

それゆえに、犯罪者になりかねない危険も孕む“執行官”は、その捜査活動を冷静な判断力を備えたエリートである“監視官”に監視されている。

公安局刑事課一係のメンバーはそれぞれの想いを胸に、正義の在処を常に突きつけられながら任務を遂行していかなければならない。

彼らが立ち向かうものの先にあるのは――
『dアニメストア』より引用

 

近未来SF、警察、群像劇…『PSYCHO-PASS』の4つの見所!


電脳によって人の全てが決まる近未来の世界


本作品で描かれる世界は人の生活全てが機械によって賄われる世界です。

食料はオートメーション化されている事によって不自由はなく、衣類も発展したホログラムを利用してボタン一つで好きな服を着ることが出来ます。

衣食住だけでなく自分の将来は学校での成績や普段の生活から自分に合う職業をAIが選択してくれるシステム『シビュラシステム』によって決められます。

人にとっては正に不自由ない世界が広がっているんですね。

しかし、そんな世界で生きる人々には日々ある数値に気をつけながら生活をしています。

それが『犯罪係数』という数値です。

犯罪係数というのはシビュラシステムによって数値化されたパラメーターの一つで、その人が犯罪者になる危険性を数値化した数字です。

この犯罪係数が高くなると、例え犯罪をする気がなくても『潜在犯』として扱われ、社会から隔離されることになります。

『危険な思想は事前に摘み取る』というシステムで世の中の平穏を保っているんですね。

本作品の放送時はこんな未来になることを想像はしていませんでしたが、最近ではAI技術が非常に話題になっているので、本当にこんんあ世の中になるのではないかと思ってしまい今見ると、かなりワクワクする世界観となっています。

 

潜在犯、犯罪者を取り締まる警察『公安局』


世の中にいる犯罪者予備軍の潜在犯、犯罪者を取り締まるのが主人公『常守朱(つねもり あかね)』が所属している『公安局』です。

公安局では犯罪者を取り締まるのはもちろんですが、犯罪者ではない潜在犯を取り締まります。

この潜在犯を取り締まるのはかなり心が痛いんですね・・・。

時にはある女性が、男に襲われ人質にされてしまったことで犯罪係数が上がってしまい潜在犯になってしまうということもあります。

そして、この公安局のもう一つの注目点が武器です。

公安局の局員達はある特殊武器を使用して、犯罪者や潜在犯を捕まえます。

その武器が『ドミネーター』という超高性能な銃火器です。

ドミネーターは人に照準を向けるとその人の犯罪係数を測ることが出来ます。

そして、その犯罪係数の危険度によって銃の威力も変わるようになっているんですね。

犯罪係数が安全な方であれば銃を打つことは出来ず、相手が犯罪係数が異常な程高い危険人物であれば 肉片すら残さないとんでもない威力の武器になります。

この武器は登録された捜査官でしか使用する事が出来ないため盗難の心配もありません。

正に最強の武器と言えるんですね。

形状から射撃音、アナウンス音まで全てがかっこいい武器なので注目です!

 

捜査官それぞれの物語には注目


本作品の主人公は『常守朱』という女の子です。

物語の大筋では彼女が『公安局』に右も左も分からず入社してからの成長物語が描かれています。

常守朱の成長もかなり見所になっていますが、相棒になる『狡噛慎也(こうがみ しんや)』との関わりも非常に注目です。

 

公安局では二人一組のペアを作って捜査するのが基本なのですが、一人は実質的な捜査をする『執行官』と執行官を監視、指揮を取るエリート刑事の『監視官』のペアを作ります。

危険度の高い執行官には高い犯罪係数を持つ潜在犯が担っているのが通例で狡噛もある事件が原因で潜在犯となり今は執行官をになっているんですね。

狡噛は執行官でありながらも、頭脳は明晰で身体能力も非常に高い人物です。

そんな彼と常守がどんな関係を築いていくのか見所となっています。

また、本作品では常守狡噛ペア以外の捜査官にも注目されており、それぞれが訳ありの人物達。

犯罪者を取り締まる彼らがどんな悩みに直面するかにも注目です。

 

完璧な監視社会の中から生まれた一人の悪


本作品が人気が出た理由は様々なことがありますが、個人的には

『魅力的な悪役がいたこと』

が大きいです。

完璧な監視社会の中でもその網をかいくぐり凶悪な事件を起こす人物が登場します。

その人物が起こす事件は普通の人が起こせば、犯罪係数が跳ね上がるほどの事件であり、またその事件の現場を目撃した人は犯罪係数が上がってしまうほどの凄惨な事件ばかりです。

しかし、彼は捕まることはありません。

そして、彼はある信念を持って凶悪な事件を起こし続けているんですね。

その言い分も十分に理に叶っていることからかなり魅力的な敵なんだと思います。

そんな彼を『公安局』は捕らえることが出来るのかは最大の見所となっています。

 

視聴者の感想や評価は?


傑作の近未来SFアニメ!


男性

一度見始めるともう最後まで続きが気になる傑作SF。
ストーリー構成、音楽、キャラクターの魅力、どれをとっても素晴らしいの一言に尽きます。他の要素が素晴らしすぎてあまり注目点にならないのですが作画も文句なしで綺麗です。とくにビル群の夜景の描写はさすがはIGという美麗さです。
22話ノイタミナ枠での放映でしたが、繋ぎの総集編などもなく、中だるみを一切感じさせなかったこのアニメは2010年代アニメ中で最高傑作の評価に値すると思います。
2019年には映画作品が3作公開されますが、それらを100%楽しむ上でもこの一期は必見です!
あにこれより紹介

男性

攻殻機動隊以来の硬派なSFサスペンスといった印象です。随所に哲学的もしくは社会学的な問いを散りばめながらも、攻殻よりはずいぶんと分かりやすい脚本に落とし込まれており、人にも勧めやすい作品です。
常守朱の成長物語と、狡噛慎也と宿敵槙島聖護の因縁対決を2軸としたストーリー。しかし常守朱は視聴者目線の狂言回しとしての役割も強く、先に役割があって、後から肉付けされたキャラクターなのかもと思いました。
あにこれより紹介

男性

まず、とても面白かったです。
このアニメが放送してた当時、忙しくて見れなかったので今更に見ましたが評判通りのアニメですね。
サイコパスは硬派な本格SFもののアニメです、案外アニメってSF少ないんですよね~
洋画なんかはSF多いんですけど、アニメは比較的少ない。
そんな中で本作は、攻殻機動隊に並ぶ名作なのではと個人的に感じました。
攻殻機動隊はけっこう難解?というか難しめのアニメなんですが、こちらはそこまでは難しくなくかつチープでもないと言った感じで非常に良かったと思います。
あにこれより紹介

視聴者の方が言っているように『サイコパス』のような作品って実はアニメでは少ないんですよね。

アニメのSF作品と言ったら『ガンダム』などのロボット作品が多いのでSFサスペンス作品は少ない気がします。

シナリオもかなり評判で、このあまりないSFサスペンスジャンルという所は多くの視聴者が感想を挙げていました。

アニメ好きじゃない人にもオススメ出来る!


男性

非常に完成度の高い作品だと思います。
アニメ好きじゃない人にもお薦めできる作品だと思いました。
(残虐なシーンもあるので大人限定ですが…)
ストーリー的にはラスボスを追跡する刑事もので、その追跡の中で理想的な社会、管理システムへの疑問などが浮かび上がって来るというような粗筋です。SF刑事もの?とでもいうのでしょうか。攻殻機動隊にも似ていますが、時代設定的には攻殻より少し前な感じです。
あにこれより紹介

男性

この作品の独自性は人間の潜在的な犯罪度合いを数値化したところであった。
もしも実社会の中でこの数値が犯罪をする可能性を示すとすれば、現実社会で導入されうるかもしれないというただのフィクションで終わらない設定がすきだった。
また、1期、2期、映画のすべてでかかったエンディング曲(特に名前のない怪物)は次回への期待を高める効果があったと感じた。
アニメを普段見ない男性にすすめられそうに感じた作品。
あにこれより紹介

アニメ好きの人でない方にもオススメ出来るという感想も多くありました。

確かに本作品ではアニメという感覚よりもドラマを見ているような感覚に陥りますよね。

特に新編集版は尺の長さが1話辺り1時間近くあるので、ドラマと同じくらい尺があります。

ストーリー展開は去ることながら、作画もリアルな作風なので、アニメがそこまで好きではないという方でも楽しめる作品です。

 

『PSYCHO-PASS サイコパス』を無料で見るには?


本作品は様々な動画配信サービスで配信されています。

無料で視聴する方法はこの動画配信サービスに登録することが最も安全で早い方法です。

最近の動画配信サービスでは初めて登録する方限定ですが、『無料お試し期間』というものがありその期間中は料金が発生することはありません。

つまり、無料でたくさんの動画作品を視聴することが出来るんですね。

『サイコパス』が配信されているサービスは以下の通りです。

名称 料金(月額) 無料期間
hulu 933円 2週間
FOD 888円 1ヶ月
U-NEXT  1,990円 1ヶ月
ビデオパス 562円 1ヶ月
dアニメストア 432円 1ヶ月

オススメは『dアニメストア』です。

dアニメストアはアニメに特化した動画配信サービスとなっています。

アニメ作品数は2,700作品。

放送されている最新のアニメ作品から過去の名作アニメ作品まで様々なアニメ作品配信しています。

アニメだけ見たいのであれば、dアニメストアが一番のオススメサービスとなっていますのでぜひお試し下さい!

dアニメストア→お試しはこちらから!

 

まとめ


『AI』という文字を見た時に大体の人が『エーアイ』と発音する思います。

昔であれば『AI』と言えば歌手の『AI(アイ)』さんを連想させるワードでしたよね・・・。

それぐらいAIという言葉が普及した中で、『PSYCHO-PASS サイコパス』を見ると前に見たことがあるという方も前とは違う感想が生まれるかと思います。

詳細は違うもののAIが行き着く未来がどんな未来なのかが描かれていますので、ぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。

『PSYCHO-PASS サイコパス』についてご紹介しました。

『他のアニメが見れるサイトを知りたい!』

『映画、ドラマ作品も見れるサイトはない?』

という方は、以下の記事であなたに合う動画配信サービスを比較表、フローチャートで紹介していますのでぜひご覧下さい。

【2018年版】あなたに合う動画配信サービス(VOD)はこれ!一目で分かる比較表・フローチャート!!

VODを使ってみる(無料)

ユウキ

マンガ歴20年・マンガアプリ歴3年のベテランマンガ評論家。日々マンガを読み続けてマンガ知識を蓄積中。趣味はマンガとゲームと白米。好きな漫画は「幽遊白書」ザマンガ編集長。

あなたに合う動画サービスがひと目で分かる!
詳しくはこちらをクリック