ARIAの評価は『究極の癒やしアニメ』!?その理由と視聴者の感想を徹底紹介!

こんにちは!ザマンガ編集部のユウキです。

癒やしアニメと言えば1クールに1本は必ずあると言っていいほど、定番になりつつありますよね。

癒やしアニメというジャンルだけでも、100作品以上のアニメがあるそうです。

しかし、そんな膨大なアニメの中でも個人的には『ARIA』を超える癒やしアニメ作品は出てこないのではないかと思っています。

『物語、描写、音楽』まで全てにおいて癒やしが追求された『ARIA』というアニメは放送されて10年近く経ちますが、未だに癒やしアニメとして代表的な作品です。

今回はこの『ARIA』の魅力や視聴者の評価などについてご紹介していきます。

この記事のまとめ

  • ヴェネツィアを再現した舞台
  • 音楽も合わせた癒やし
  • 全ての登場人物が優しさにあふれている
  • 無料で見るなら『dアニメストア』がオススメ
配信サイト dアニメストア
・U-NEXT
・hulu
キャスト
(声優)
水無灯里:葉月絵理乃
藍華:斎藤千和
アリス:広橋涼
アリシア:大原さやか
晃:皆川純子
アテナ:川上とも子
アイ:水橋かおり
アリア社長:西村ちなみ
放送時期 第1期:2005年 全13話
第2期:2006年 全26話
第3期:2008年 全13話
劇場版:2015年

あらすじ


西暦2300年の未来、火星はテラフォーミングされ水の惑星となり、『アクア』と呼ばれていた。

アクアでは惑星マンホーム(地球)から様々な人々が移り住み、中でもイタリアの水の都とも言われる『ヴェネツィア』の風習や街並みを再現した『ネオ・ヴェネツィア』には多くの観光客が訪れている。

そんなネオ・ヴェネツィアに『水無灯里』という一人の少女が訪れる。

灯里の目的ははゴンドラ漕ぎによって観光案内をするというネオ・ヴェネツィアの人気の職業である『ウンディーネ』になること。

ウンディーネとなるために灯里は、人間一人、猫一匹の小さなゴンドラ観光会社「ARIAカンパニー」(アリア―)に入社する。

会社のただ一人の先輩である『アリシア』のもと、灯里はウンディーネとしての仕事を教わっていく。

おっとりとした性格ながらも優しいアリシアの元で、灯里はウンディーネとしてすくすくと成長していく。

この物語はウンディーネを目指す灯里の成長と、灯里の周りの仲間との日常を描いた物語。

 

主な登場人物


水無 灯里(みずなし あかり)


本作品の主人公。

惑星マンホーム(地球)からウンディーネになるためにネオ・ヴェネツィアを訪れる。

非常におっとりとした性格で、恥ずかしげもなくエモい発言をする。

藍華(あいか)


姫屋に所属するウンディーネを目指す少女。

灯里がアクアで出来た最初の友人。

アリス


ウンディーネを目指す少女であり灯里の友人。

ゴンドラを漕ぐ技術には類稀なる才能があるが、無口な性格のため接客技術にやや問題がある 。

アリシア


灯里の先輩のウンディーネ。

水の3大妖精の一人であるウンディーネとしてネオ・ヴェネツィアで名前が知られている。

作中で一番おっとりとした性格。

アテナ


アリスの先輩のウンディーネ。

ドジっ子な性格をしているが、水の3大妖精の一人。

晃(あきら)


藍華の先輩。

水の3大妖精の一人であり、かなりの体育会系で藍華にはかなり厳しい。

 

『ARIA』の3つの癒しポイント!


① ヴェネツィアを彷彿させる舞台と音楽


本作品の舞台ともなるアクアのネオ・ヴェネツィアという場所は名前からも分かる通り、イタリアの『ヴェネツィア』の街並みが色濃く再現されています。

現存するヴェネツィアは水の都とも言われており、至る所に水路がしかれている街並みです。

ヴェネツィアの街並み

生きている内に一度はこの場所へと赴いた方が良いと言われるほど人気な観光スポットですが、このヴェネツィアの街並みが『ARIA』では描かれています。


ヨーロッパの街並みを舞台にしたアニメ作品はかなりありますが、このヴェネツィアを舞台にした作品はほとんどないんですよね。

『ARIA』ではこの街並みが細部にまで再現されています。

水の都という静かで美しい街並みは見ているだけで間違いなく癒やされるはずです。

また、この舞台にBGMが非常にマッチしているというのも癒やされる点です。

『ARIA』で流れるBGMは基本的にアップテンポの少なくゆったりとした曲調のものが多いです。

この音楽があまりに心地よいせいか眠くなってくる程に、心地よいんですよね。

寝る前に見るだけで安眠効果があるのではないかと思ってしまうほどに『ARIA』は心地良いアニメとなっています。

 

② ゆっくりとした物語展開


『ARIA』の物語は主人公『水無灯里(みずなしあかり)』の日常生活が描かれていきます。

一人前のウンディーネになるために先輩である『アリシア』さんに指導を受けたり、灯里と共に同じくウンディーネを目指している『藍華』と共に合同練習をしたりと灯里の日常生活が描かれていきます。

特徴的なのが、その全ての物語の進行が非常にゆっくりとしているところ。

他の作品であれば、数分で終わってしまうような出来事が本作品で丸々1話を使っていたりするのが癒やしのポイントだと思います。

物語の進行がゆっくりとしているので、中にはじれったいと感じてしまう方もいるかもしれませんが、私自身は『ARIA』を見ていてそのように思ったことはないです。

ARIAを見ている時は、物語の先が気になってしまうというよりかはこの灯里達の日常をずっと見ていたいという気分になるんですよね。

上記でも紹介した素晴らしい街並みや音楽だけでなく、大事でもない小さな出来事に一生懸命取り組む灯里達の姿はずっと見ていたくなります。

物語も勿論素晴らしいものになっており、時には感動するストーリーになっているので、注目です。

 

③ 登場する人物全員がホントにいい人


この物語に悪い人は出てきません。

登場する全ての人がホントに思いやりがある性格なのが癒やされるポイントの1つです。

また、1つの登場人物の特長としてゆっくりと喋る人物が多い気がします。

藍伽や藍華の先輩である『晃(あきら)』は体育会系のキャラクターをしていますが、それ以外の登場人物はおっとりとした性格の人物が多いんですよね。(灯里しかりアリシアしかりアテナ先輩しかり、、、)

このおっとりとした性格が多い登場人物たちによって描かれる日常生活の中での掛け合いは落ち着いた独特な雰囲気があります。

急展開が起きてワクワクさせるような物語ではありませんが、登場する全員が優しく思いやりがある性格なので、とにかく安心して見られるというのが癒やしポイントだと思います。

 

『ARIA』視聴者の評価・感想


『ARIA』を見た方の感想を一部紹介します。

癒やし度が高すぎる

男性

めっちゃ癒されました。
これを見ながら寝落ちは、究極の眠りにつけます。
感動するお話もあり、こころがあたたかくなります。
ほっこり。
キャラ可愛いし、絵も綺麗
アニコレより紹介

男性

時間がゆっくり流れて、癒やされます。
こんなアニメがあるんですね。
ゆっくり過ごしたい時にBGM風に
再生しっぱなしにしても良いかもしれません
アニコレより紹介

男性

激しいバトルも無い、どたばたギャグも無い、恋愛も無ければ謎解きも無い。
描かれているのは心地良い日常とゆるい笑い。
退屈と心地良いの絶妙の狭間をのんびりと物語は進んで行きます。
1話目を見たときは毎回この調子ではしんどいと思いました。そして4話で寝落ちしましたwでも不快ではありませんでした。
きっとこの作品は薬のように調子が悪いときや、サプリメントのように1日1話観てその日の穢れを落とすような使い方がいいのかな?と思いました。
アニコレより紹介

癒やされるという感想はとにかく多かったです。

『ゆっくりと過ごしたい時にBGM風に』

正にそうだと思います。寝る前に流していると、安眠することが出来るのでオススメです。

背景・音楽が素晴らしい

女性

当時なんとなく観ていたけれど、この作品の音はすごく記憶に残っている
彼女たちの日常から入るオープニング
作中に流れるBGMは作品の大きな魅力のひとつ
キャラクターの設定が少し受け入れずらかったり、気になる部分が自分の中にありますが心に残るシリーズでした。
アニコレより紹介

男性

最初は正直若干退屈だなぁとか思ってたんですが
気づいたらキャラたちが大好きになっていて、
なんでか毎回涙腺が緩んでしまう、そんな作品でした
特に2話、5話、11話がすき
あとシンフォニーはガチで神曲、使い方も素晴らしすぎる
アニコレより紹介

男性

最近のアニメでは作画能力が高くどうしても萌えが入ったり、意図的に入れてたりしての癒しだがこのアニメは唯一癒しを求めたアニメだと思う。この町の出会い、美しさ、綺麗なもの、そういうのを兼ね備えた最高な作品だと思う。特に移す場所、音楽、キャラ、詩的表現が物凄い良かった。確かに作画は悪いが今のアニメの作画力になって無駄に萌えに入ってしまいそうなので作画はこれくらいがちょうどいいと思う!
アニコレより紹介

舞台も去ることながら『ARIA』は音楽の評価が凄く高いんですよね。

全編のOP、EDまで全て落ち着いた雰囲気の曲となっており、曲だけでも癒やし効果があると思います。

皆優しいから心暖まる

女性

美しい空と水の青、ゆったりと流れる時間。
悪人がほとんど出てこないという稀有なアニメ。
魅力的な登場人物たちに癒されます。
心が傷ついたり、心身共に疲れている方に
強くおすすめしたいアニメです。
アニコレより紹介

男性

時代設定は遠い未来のはずなのに人物一人一人がどこか現代の人達を思わせるような作品、日々を生きていく事で見出せる小さな「素敵」をあなたもきっと見つけられる事でしょう。僕は毎話心がほっこりなりました。
でっかい傑作です!
アニコレより紹介

男性

優しく温かい気持ちを思い出せる素敵アニメ。
はじめは猫が社長!?という不思議設定にとまどいましたが
音楽もストーリーもこんなに癒やされる作品を他に知りません。
10年も前の作品ですが、これはほんとにオススメできます。
基本1話完結のエピソードなのも見やすくて良かったです^^
アニコレより紹介

間違いなく『ARIA』は心を暖かくさせる物語です。

登場人物たちの優しさやそのストーリーまでに優しさがあります。

 

『ARIA』が動画配信サービスで全話無料で見れる


本作品は様々な動画配信サービスで配信されています。

無料で視聴する方法はこの動画配信サービスに登録することが最も安全で早い方法です。

最近の動画配信サービスでは初めて登録する方限定ですが『無料お試し期間』というものがありその期間中は料金が発生することはありません。

つまり、無料でたくさんの動画作品を視聴することが出来るんですね。

『ARIA』が配信されているサービスは以下の通りです。

名称 料金(月額) 無料期間
dアニメストア 432円 1ヶ月
hulu 933円 2週間
U-NEXT  1,990円 1ヶ月

おすすめは『dアニメストア』です。

dアニメストアはアニメに特化した動画配信サービスとなっています。

アニメ作品数は2,700作品。

放送されている最新のアニメ作品から過去の名作アニメ作品まで様々なアニメ作品を配信しています。

アニメだけ見たいのであれば『dアニメストア』が一番のオススメサービスとなっていますのでぜひお試し下さい!

 

まとめ


『癒やしアニメ』は今現在、100を超えるほどの作品があります。

しかし、『ARIA』ほど癒やしを追求した作品は今だにないと断言したいです。

本作品ではただ物語や登場人物の掛け合いが癒やしと言われているだけでなく、その舞台や音楽にまで癒やしを追求しています。

『見ているだけで眠くなってしまう』

という感想があるのはつまらないからという理由ではなく、癒やしを追求しすぎた結果なのではないでしょうか。

日頃の疲れやストレスを忘れ去りたいという方にはぜひともこの『ARIA』という作品がオススメですので、ぜひご覧になってみてください。

『ARIA』についてご紹介しました。

『他のアニメが見れる動画配信サービスを知りたい!』

『映画、ドラマ作品も見れる動画配信サービスはない?』

という方は、以下の記事であなたに合う動画配信サービスを比較表、フローチャートで紹介していますのでぜひご覧下さい。

【2018年版】あなたに合う動画配信サービス(VOD)はこれ!一目で分かる比較表・フローチャート!!

VODフローチャート

 

VODを使ってみる(無料)

ユウキ

マンガ歴20年・マンガアプリ歴3年のベテランマンガ評論家。日々マンガを読み続けてマンガ知識を蓄積中。趣味はマンガとゲームと白米。好きな漫画は「幽遊白書」ザマンガ編集長。

あなたに合う動画サービスがひと目で分かる!
詳しくはこちらをクリック