【2018年版】あなたに合う動画配信サービス(VOD)はこれ!一目で分かる比較表・フローチャート!!

VOD フローチャート

こんにちは!ザマンガ編集部のユウキです。

今現在、VOD(Video On Demand:動画配信サービス)は様々なものがあります。

Netflix、Hulu、U-NEXTなど話題のサービスから老舗のサービスまで多岐に渡っていますよね。

しかし、あまりにもサービスが多すぎて

『どの動画配信サービスを利用したらいいか分からない』

という方も多いのではないでしょうか。

また、料金体系もサービスによって異なっており400円〜2,000円の範囲で料金が変わってきます。

今回はそんな方のためにザマンガ編集部で数あるVODでサービスを徹底比較し、あなたに合うVODでサービスが一目で分かるフローチャートと比較表を作成しました。

このフローチャートを見れば

『アニメに特化したサービスは?』

『海外ドラマを見るのにオススメの動画配信サービスは?』

などが一目で分かりますので、ぜひご活用下さい!

 

目次

VOD(動画配信サービス)の比較表とフローチャート


今回は数あるVODサービスの中でも人気がある6個のVODサービスに絞って比較を行いました。

比較対象は以下の2つに絞っています。

① 月額料金

毎月の利用料金はどれぐらいかかるのか。

② コンテンツ

配信されている作品数はどれぐらいか。

【VODサービス比較表】

名称 料金(月額) コンテンツ数
hulu 933円 5万本
Netflix ベーシック:800円
スタンダード:1,200円
プレミアム:1,800円
3千本
FOD 888円 1万本
U-NEXT  1,990円 8万本
auビデオパス 562円 1万本
Amazon
プライムビデオ
400円 ※年会費3,900円 3万本

「比較表を見てもよく分からない」

「結局どれが自分にあっているの分からない」

そんな方は10秒で自分にあったマンガアプリが見つかる以下のフローチャートをご覧下さい。

水色が当てはまる方はA水色の矢印に進み、ピンク色が当てはまる方はBピンク色の矢印に進んでいってください。

VODフローチャート

お目当てのVODサービスが見つかったところでそれぞれのVODサービスの特徴やラインナップなどについて解説していきます。

 

 

【hulu】海外ドラマの作品数はダントツ!


料金(月額) コンテンツ数 ジャンル
933円 5万本 ・洋画
・海外ドラマ

こんな方にオススメ!

  • 海外ドラマが見たい方
  • 洋画が見たい方
  • 日テレなどのバラエティ番組が見たい方

現在、日本のHuluは日テレが運営をしていますが、Hulu自体はアメリカで誕生した動画配信サービスです。

Huluはとにかく海外ドラマ・洋画のラインナップが豊富です。

この理由として、Huluはアメリカ最大手制作会社FOXチャンネルと提携しています。

FOXチャンネルでは様々な海外ドラマが配信されており、その海外ドラマがHuluでも配信されるようになっているんですね。

なので、海外ドラマのラインナップはどこの動画配信サービスよりも充実しています。

【メリット1】Huluプレミアムは海外ドラマ好き必見!


Huluプレミア作品とは

『日本初上陸の海外ドラマ作品』

のことを言います。もっと分かりやすく言えば、

『他VODサービスでは配信されていないHuluだけでいか見れない作品』

ことです。作品のラインナップとしては海外で話題を集めた作品がこのHuluプレミア作品に追加されていきます。

別料金も一切かからずプレミアム作品好きなだけ視聴することが可能です。

どこの動画配信サービスも早く配信されるので、海外の話題作品を見たいという方オススメのコンテンツとなっています。

【メリット2】日テレバラエティ番組も豊富


もう一つのメリットは日本のHuluは現在日テレが運営しているということもあり、多くの日テレ番組が配信されています。

『世界の果てまでイッテQ!』『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』『有吉反省会』など人気のバラエティ番組も配信されているんですね。

魅力的な日テレのバラエティ番組が数多く配信されているのでこちらもオススメのコンテンツとなっています。

huluのラインナップを見てみる→hulu公式サイト

【デメリット】邦画、アニメを見たい方はコスパが悪い


Huluは月額933円(税込み1,007円)の料金になっています。

Huluでは邦画やアニメも数多く配信されていますが、どちらかのジャンルの作品しか見ないという方には他の動画配信サービスと比較してややコストパフォーマンスが悪いです。

Huluは映画、ドラマ、アニメなどの幅広いジャンルを見たいという方には適していますが、海外作品以外の作品が目当ての方にはやや向いていないサービスです。

Huluでしか見れないオススメ作品


  • ハンドメイズ・テイル/ 侍女の物語
  • POWER / パワー
  • 死霊のはらわた リターンズ
  • マーベル クローク&ダガー
  • アレンジメント ハリウッドに潜む闇
  • マーベル ランナウェイズ
  • ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!
  • マツコ会議
  • 有吉反省会
  • 世界の果てまでイッテQ!
  • 笑点
  • エンタの神様

Huluについてもっと知りたいという方は以下の記事をご覧ください!

↓↓↓

【2018年版】2年使って思うHuluの魅力は3つ!評判から料金まで徹底解説!

 

Netflix】オリジナル作品が充実!


料金(月額) コンテンツ数 ジャンル
ベーシック:800円
スタンダード:1,200円
プレミアム:1,800円
3千本 ・オリジナル
・アニメ

こんな方にオススメ!

  • Netflixのオリジナル作品に興味がある方
  • 最新アニメが見たい方

動画配信サービスでも今話題になっているのがNetflix(ネットフリックス)です。

190ヵ国以上で1億3,000万人のメンバーが利用されている非常にグローバルな動画配信サービスなんですね。

アメリカを本拠地にしている企業で日本では2015年からサービスが開始されました。

その革新的なデザインに惹かれ気になっている方も多いのではないでしょうか。

独自で制作したオリジナルのコンテンツのクオリティが高く、Netflixでしか見ることの出来ない作品を多数配信しているのが最もな強みです。

【メリット1】Netflixでしか見ることの出来ないオリジナル作品の数々


Netflixが特に力を入れているのが『オリジナル作品』の作成です。

Netflixで作成された作品なので、他の動画配信サービスではもちろんのこと、テレビでも見ることの出来ないオリジナル作品が多数配信されています。

オリジナル作品は『クオリティが低い』なんて思われがちですが、Netflixのオリジナル作品はホントにクオリティが高いんですよね。

また、オリジナル作品とは別に他の動画配信サービスでは見れない『独占配信』の作品も非常に多いです。

特に放送中のアニメ作品は他の動画配信サービスでは配信されていない作品を数多く取り扱っているので、放送されているアニメ作品が見たいという方にもオススメ出来ます。

【メリット2】レコメンド、OPカットなど先進的な機能の数々


Netflixではおしゃれなデザインも去ることながら、他のサービスでは搭載されていない先進的な機能が搭載されています。

今まで自分が見てきた作品を分析され、気になる作品が自分にマッチしているかを測ってくれる『マッチ度』。

OP、EDはボタン一つでスキップしてくれる『OP。EDスキップ機能』

など他の動画配信サービスでは味わうことの出来ないユーザー体験を味わうことが出来ます。

かゆいところに手が届く。そんな動画配信サービスがNetflixです。

【デメリット1】料金が高い


Netflixの料金は『ベーシック・スタンダード・プレミアム』の3種類に分かれています。

ベーシックは800円と比較的安価なプランですが、高画質再生が出来ないなど機能は制限されます。

しかし、ベーシックは1,200円、プレミアムは1,800円と料金が他のサービスと比較してかなり高くなってしまうんですね・・・。

料金は出来るだけ抑えたいという方には不向きなかもしれません。

【デメリット2】コンテンツ数も少なめ


Netflixのコンテンツ数は他の動画配信サービスと比較すると3,000本程度と少ないです。

色々な作品が見たいと思う方にはNetflixは向いていないかもしれません。

ただ、話題になっている作品はジャンル問わず扱っているので

『定番な作品が見たい』

という方にはオススメ出来ます。

Netflixでしか見れないオススメ作品


  • ヴァイオレット・エヴァーガーデン
  • とある魔術の禁書目録Ⅲ
  • バキ
  • Fate/EXTRA Last Encore
  • 聲の形
  • ブラック・ライトニング
  • ロスト・イン・スペース
  • デアデビル
  • ナルコス
  • ストレンジャー・シングス
  • ハウス・オブ・カード
  • アナイアレーション
  • アウトサイダー

 

【FOD】フジテレビドラマ作品が充実!


料金(月額) コンテンツ数 ジャンル
888円 1万本 ・国内ドラマ
・マンガ

こんな方にオススメ!

  • フジテレビドラマが見たい方
  • マンガも読みたいという方

フジテレビが2005年より運営している動画配信サービスです。

動画見放題になるプラン『FODプレミアム』の料金はチャンネルに合わせて888円になっています。

【メリット1】他では見れないフジテレビ作品が多数


FODはフジテレビが運営しているので、他の動画配信サービスでは見ることが出来ないコンテンツが非常に充実しています。

独占配信タイトルは5,000本以上あります。

特に多いのが『国内ドラマ』作品です。

フジテレビで過去の名作ドラマ作品はもちろんのこと、現在放送中のドラマ作品も配信されています。

『あのドラマを見逃した・・・』

時もFODでは放送されたドラマはすぐに配信されるようになっているので、見逃した時も安心して見ることが可能です。

また、『テラスハウス』などのバラエティ番組も充実しており、『はねるのトビラ』などの昔懐かしいバラエティ作品もあります。

コンテンツは昔のフジテレビのドラマ、バラエティが見たいという方にはオススメ出来るものとなっています。

フジテレビ作品のラインナップを見てみる→FOD公式へ

【メリット2】マンガがかなりお得!


FODにはポイントという概念があり、このポイントを利用して以下の3つのサービスを利用することが可能です。

① 新作の映画やドラマ作品のレンタル

② マンガ・小説の電子書籍を購入する

③ 雑誌のバックナンバーの購入

FODでは動画以外にもマンガにかなり力を入れており、掲載されているマンガの作品数は4万冊以上。

さらにFODプレミアム会員になっていると購入する際には必ず『20%のポイントバック』が付いてくるため常に2割引きでマンガ作品を購入出来るんですね。

動画がメインとなっているサービスですが、かなりマンガコーナーのサービスが充実しているので、動画とマンガ両方楽しみたいという方にはかなりオススメです。

FODのマンガを見てみる→FOD公式

【デメリット】海外作品のラインナップはかなり少ない


フジテレビの番組に特化している分、FODでは海外ドラマ作品はかなり少ないです。

『プリズン・ブレイク』や『24』など定番の海外ドラマ作品はあるものの最新のドラマやラインナップについてはHuluやNetflixなどと比較すると負けています。

海外ドラマや洋画が見たいという方にはあまり向いていない動画配信サービスです。

FODでしか見れないオススメ作品


  • コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-
  • Love or Not 2
  • アンフェア
  • 医龍
  • アットホーム・ダッド
  • ガリレオ
  • ビーチボーイズ
  • クズの本懐
  • ライフ
  • 絶対零度~未然犯罪潜入捜査~

FODについてもっと詳しく知りたいという方は以下の記事へ!

↓↓↓

FOD(フジテレビオンデマンド)はマンガがかなりお得!メリットや評判について徹底解説

 

【U-NEXT】圧倒的な作品数が魅力!


料金(月額) コンテンツ数 ジャンル
 1,990 8万本 オールジャンル

こんな方にオススメ!

  • 料金は高くてもいいから様々な作品が見たいという方
  • 映画とアニメ作品が見たいという方

2007年よりサービスが開始された動画配信サービスです。

配信されている作品は『見放題作品』と『レンタル作品』に分かれており、レンタル作品の場合はポイントを消費して視聴することになります。

見放題作品が8万本、レンタル作品が5万本、合計で13万作品が配信されており、どこの動画配信サービスよりもラインナップは充実しているのがU-NEXT魅力です。

無料トライアル試してみる→U-NEXT公式サイト

【メリット1】映画とアニメのラインナップはトップ


まず、U-NEXTの映画のラインナップは邦画、洋画ともにかなり多いです。

Netflixは1,300作品、Huluが約2,000作品程度なのに対して、U-NEXTでは見放題作品だけでも5,300作品が掲載されています。

特に邦画の数はどこのサービスよりも充実しているんですね。

また、これはポイント作品になってしまいますが、他では配信されない作品もポイント作品としていちはやく配信されるので、毎月配布されるポイントを上手く利用すればどこにも配信されていない映画をすぐに見ることが可能です。

そして、意外に盲点になっているのがアニメ作品もかなり充実している所です。

公式の発表によると、アニメ作品は1,800作品が掲載されています。

ライバルであるHulu、Netflixと比較してもこの数は多く、U-NEXTにしか公開されていない作品も数多くあります。

アニメも見て、映画も見たいという方にはU-NEXTを一番オススメ出来ます。

映画、アニメのラインナップを見てみる→U-NEXT公式サイト

【メリット2】ポイントでマンガや映画館のクーポン券が購入可能


U-NEXTに登録すると、毎月1,200(お試し登録時は600ポイント)が付与されます。

U-NEXTの良いところはこのポイントの利用方法がレンタル作品をレンタルするだけではない点です。

レンタル以外には以下の2つの利用方法があります。

  • マンガ作品の購入
  • 映画館クーポン券の発行

U-NEXTではマンガ作品も販売しており、ポイントを利用して電子書籍が購入が可能です。

また、映画館のクーポンに交換することも出来るので、対象の映画館が最寄りにあれば最新の映画をポイントを利用して見ることも可能になっています。

【デメリット1】料金は一番高い


U-NEXTの一般的な料金は月額1,990円(税込み2,149円)かかります。

この金額は他の動画配信サービスと比較すると最も高い料金になっています。

コンテンツ数もトップですが、その分料金が高くなってしまっているのがネックな部分です。

【デメリット2】機能が多すぎて使いこなすのが難しい


U-NEXTは紹介してきた通り、様々な機能が搭載されているんですね。

動画作品は『見放題作品』と『レンタル作品』があったり、ポイントの利用方法は4種類あったり、ましてやアダルト作品まであったりと機能がてんこ盛りなんですよね・・・。

なので、使い始めて間もないうちは何をどう使っていけばいいのか、どれがレンタル作品なのかなど結構めんどうくさい訳です。

私自身も使い始めてから1年経ってやっと使いこなし方が分かってきたほどです。

また、機能に対する説明が少ないのも問題だと思います。

ヘルプページなどの使い方の説明は正直雑です。

ヘルプページを見ても仕様が今いち理解出来ないことが多々ありました。

例えば、マンガ・雑誌のコーナーは『Book Place』というサービス名となっています。

しかも、アプリ版にはマンガ・雑誌のコーナーはありません。

さらには、マンガ・雑誌を読む場合は『Book Place Reader』というU-NEXTとは別のアプリが必要なるなど、説明が不十分な面も多く上手く使いこなすには少々時間がかかるのが難点です。

U-NEXTでしか見れないオススメ作品


  • 溺れるナイフ
  • あゝ、荒野
  • リケ恋~理系が恋に落ちたので証明してみた。〜
  • 桐島、部活やめるってよ
  • クローズ
  • ストロボ・エッジ
  • 僕だけがいない街
  • 西郷どん
  • 半分、青い

U-NEXTについてもっと詳しく知りたい方は以下の記事へ!

↓↓↓

1年使って分かったU-NEXTの良いところとダメなところ。料金、ラインナップ、評判まで全て紹介!

 

【auビデオパス】テレ朝ドラマがすぐに見れる!


料金(月額) コンテンツ数 ジャンル
562円 1万本 テレ朝ドラマ

こんな方にオススメ!

  • 料金は抑えたい方
  • テレ朝のドラマ作品が見たいという方

KDDIが運営している動画配信サービスです。

2018年8月まではauユーザーの方限定のサービスでしたが現在はauユーザーでなくても利用することが出来るようになりました。

月額562円で1万本の動画作品が見れるリーズナブルな動画配信サービスとなっています。

【メリット1】ラインナップは国内作品が多い


auビデオパスの作品ラインナップは国内作品が非常に充実しています。

邦画、国内ドラマ、アニメなどは魅力的な作品が揃っています。

特にオススメしたいのが『テレ朝ドラマ』作品です。

国内ドラマの中でもテレ朝のドラマ作品は充実しており、現在放送中のドラマ作品はほとんどあります。

『テレビであのドラマを見逃してしまった・・・。』

なんて時もテレ朝のドラマ作品であれば放送終了後そのエピソードがすぐに配信されますので、視聴出来るのは魅力的なところです。

【メリット2】 会員登録しなくても無料で視聴出来る作品がある


auビデオパスでは完全に無料で楽しめる作品があります。

それが『無料おためし』作品です。

無料おためし作品の視聴は会員登録すら不要です!

ラインナップは現在放送されているアニメ作品の第1話や韓流ドラマ・国内ドラマの第1話と基本的には作品の第1話が対象になっています。

面倒な会員登録も必要ないので、

『auビデオパスの画質はどうなのか』

『操作性はどうなのか』

などが気になる方はまず無料おためし作品を視聴してみて下さい。

無料おためし作品を見てみる→auビデオパス公式サイト

【デメリット1】全ての作品が見放題ではない


auビデオパスには『見放題作品・レンタル作品』の2種類の作品があります。

それぞれの作品についてまとめると以下のようになります。

見放題作品 レンタル作品
・全ての作品が見放題・ラインナップは1万本以上

 

・視聴するためにはコインが必要・レンタル期限がある

・最新の映画作品が豊富

レンタル作品を視聴するにはレンタルにはコインが必要になるので、全ての動画作品が見放題ではありません。

ただレンタル作品の魅力はBlue-rayが発売されたばかりの邦画作品が非常に多く配信されていることです。

わざわざTSUTAYAなどでレンタルしなくてもauビデオパスでレンタル出来る点はメリットになります。

【デメリット2】オリジナルコンテンツが少ない


auビデオパスのオリジナルコンテンツが少ないです。

見放題作品で見ることが出来る作品はほとんどの作品が他の動画配信サービスでも見ることが出来ます。

しかし、料金が他よりもリーズナブルなので、定番な作品を見たいという方にはビデオパスはオススメです。

ただ、auビデオパスの作品は国内作品が中心となっており、海外ドラマなどの作品はかなり少ないです。

海外ドラマを見る場合は動画サービスを利用するのがオススメです。

auビデオパスについてもっと詳しく知りたい方は以下の記事へ!

↓↓↓

auビデオパスが8月から誰でも利用可能に!他者と比較した特徴や魅力を徹底解説!

 

Amazonプライムビデオ】コスパ最強の動画配信サービス!


料金(月額) コンテンツ数 ジャンル
400円 ※年会費3,900円 3万本 バラエティ
映画

こんな方にオススメ!

  • とにかく安く動画が見たいという方
  • Amazonを良く利用している方
  • 学生の方

AmazonがPrime会員向けに提供している動画配信サービスです。

料金は最安値400円ながらも動画配信掲載されているコンテンツ数は3万本とコストパフォーマンスが数ある動画サービスの中でも最も高い動画配信サービスとなっています。

さらに、Amazonプライム会員になっているとAmazonでのショッピングがよりお得になったり、4,000万曲以上が聴き放題の『Amazon Music』も合わせて利用することが可能です。

Amazonを頻繁に利用している方であれば、間違いなくオススメ出来るのがAmazonプライムビデオとなっています。

Amazonプライムビデオを体験してみる→Amazon公式サイトへ

【メリット1】オリジナル作品も充実


Amazonプライムビデオでは映画、ドラマ、アニメなど非常にラインナップに富んだ動画作品が配信されています。

そして、それだけでなくAmazonプライムビデオでしか見ることの出来ないオリジナル作品も多数配信しているのが魅力的なところです。

Amazon独自制作のバラエティ番組『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』ではお笑い界を代表するダウンタウンの松本人志さんをパーソナリティに抜擢するなど思わず見てみたくなるような番組が揃っています。

【メリット2】学生の方はさらにお得!


Amazonプライムでは通常の会員とは別に学生の方限定で登録することが出来る『Prime Student』とというプランがあります。

このプランは学生の方のために設けられており、通常の会員よりもかなりお得にAmazonプライム会員になることが可能です。

年会費 月額
1900円(月額159円) 200円

料金は通常のプランの半額で入会出来るようになっています。

この料金でプライム会員と同様のサービスが受けることが出来ます。

学生の方はぜひこちらのプランをぜひ利用してみて下さい。

Prime Studentを試してみる→Amazon公式

【デメリット1】作品の入れ替わりが激しい


Amazonプライムビデオでは3万本もの動画作品が掲載されていますが、公開される動画は期間限定で配信されているものが非常に多いです。

終了間近な作品は作品リストから確認出来るようにはなっていますが、

『あの作品を見ようと思ったらなくなっていた・・・』

なんてことがたまにあります。

この入れ替わりのおかげで安い料金でたくさんの動画作品が見れるというのがありますが、他の動画配信サービスと比較しても入れ替わりが激しいので惜しい点です。

【デメリット2】Amazonビデオに掲載されている全ての作品が見放題ではない


AmazonプライムサービスではAmazonに掲載されている全ての作品が視聴出来るようになるというわけではありません。

そもそもAmazonではAmazonビデオというサービスを提供しています。

このAmazonビデオは

  • プライムビデオ作品
  • レンタル作品
  • 購入作品

があります。

Amazonプライムビデオというのは実はAmazonビデオの中に含まれているコンテンツなんですね。

なので、Amazonに掲載されている動画作品全てが見れるというわけではなくこのAmazonプライムビデオに属している作品だけがプライム会員の方限定で見放題になっているので全ての動画見放題になるわけではないので注意が必要です。

Amazonプライムビデオでしか見れないオススメ作品


  • HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル
  • Zネーション
  • バチェラー・ジャパン
  • 内村さまぁ~ずSecond
  • 戦闘車
  • これが無いなら来なかった~又吉直樹の宮古島~
  • 石ちゃんのSAKE旅
  • Invisible TOKYO
  • RAKUEN 三好和義と巡る楽園の旅
  • 千原◯ニアの◯◯-1GP
  • 今田×東野のカリギュラ

Amazonプライムビデオについて詳しくは以下の記事をご覧下さい。

↓↓↓

コスパ最強動画サービス!Amazonプライムビデオの魅力とは?良くない点まで包み隠さず解説!!

 

まずは無料トライアルをお試し下さい!


ご紹介した6つのサービスでは新規登録した際に無料トライアル期間が付いています。

無料トライアル期間はお試し期間のことで、この期間中に解約すれば料金が請求されることはありません。

つまり一定期間内は無料で動画を楽しむことが出来るということです。

無料トライアルで自分見たい作品を探してみて下さい。

huluのお試しはこちら!→hulu公式サイト

Netflixのお試しはこちら!→Netflix公式サイト

Amazonプライムビデオのお試しはこちら!Amazon公式サイト

FODのお試しはこちら!→FOD公式サイト

U-NEXTのお試しはこちら!→U-NEXT公式サイト

auビデオパスのお試しはこちら!→auビデオパス公式サイト

VODを使ってみる(無料)

ユウキ

マンガ歴20年・マンガアプリ歴3年のベテランマンガ評論家。日々マンガを読み続けてマンガ知識を蓄積中。趣味はマンガとゲームと白米。好きな漫画は「幽遊白書」ザマンガ編集長。