ジャンプラ新連載!『檻ノ中のソリスト』から名作の予感!あらすじ、見所を紹介!

こんにちは!ザマンガ編集部ユウキです。

少年ジャンププラスでは様々な作品が連載しています。

毎月新しい作品が続々と連載され、飽きることがありません。

そんな中で9月末にもある作品が連載開始されました。

その作品がホントに魅力的な作品でしたのご紹介します!

タイトルは『檻ノ中のソリスト』です。

犯罪者が収監された監獄で生まれた姉と弟の物語となっています。

今回は名作になる予感を醸し出す本作品のあらすじや見所、読者の感想についてご紹介していきます。

 

『檻ノ中のソリスト』が連載中の『少年ジャンププラス』とは?


『少年ジャンププラス』を知らない方に簡単に説明すると、『少年ジャンププラス』には『無料連載』コーナーというものがあります。

このコーナーでは過去のジャンプ作品からオリジナル作品まで様々なマンガ作品が連載中です。

無料連載作品は基本的に冒頭の3話と最新3話を無料で読む事が出来るようになっています。(例外はあります)

『檻ノ中のソリスト』は9月29日に連載が開始されたばかりで最新話まで追いつくことも簡単です。

無料で読める以外のエピソードを読む場合はコインやポイントが必要になってきます。

エピソード1つにつき30コインが必要になり、1コイン1円で購入出来るようになっていますので1話30円で読めるということになります。

連載中のマンガ作品の中には、ここでしか読めないオリジナル作品だけではありません。

『ドラゴンボール』『るろうに剣心』『ヒカルの碁』などジャンプの名作から『ONE PIECE』などの『週間少年ジャンプ』で連載中の人気マンガ作品も連載しています!

作品毎に週に一話だったり月に一話だったり更新される期間が決まっていて、中には集中連載作品という毎日一話以上無料で読めるマンガまであるんですね!

無料連載コーナー以外にも本誌の『週間少年ジャンプ』の電子書籍を購読出来たりと、ジャンプファンにとってはダウンロードしてまず後悔がないマンガアプリとなっています。

ぜひダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

少年ジャンププラスをもっと詳しく知りたいという方は以下の記事へ!

↓↓↓

少年ジャンプ+(プラス)とは?おすすめマンガ・特徴・料金・口コミ・評判などを徹底解説!

 

『檻ノ中のソリスト』のあらすじ


『監獄街』

ありとあらゆる犯罪者が収容される街。

一度入れば二度と外には出られない。

ここでの永住を悟った収容者たちは家庭を持ち、今もなお人工は増え続けている。

そんな監獄街に生まれた姉弟がいました。

姉はまだ年端もない少女。

弟はまだ歩く事もできない赤子。

親は半年前に出ていったまま帰ってきません。

この犯罪者がはびこる場所で生き残るために姉は誰にもばれないよう家の中で毎日を過ごしていました。

部屋から出られない姉にとって弟の世話だけが何よりの生きがいでした。

家から出ることの出来ない彼女達の食事は隣に住む人達が彼女等を心配していつも届けてくれています。

危険な場所でありながらもこうして平穏な日常を送れていたのです。

しかし、そんな日常も隣人が脱獄するということを知ったことにより終わりを告げます。

食事を届けてくれていた名も知らない人がいなくなれば姉弟は食事を調達することは出来ず、餓死してしまうでしょう。

姉はどうするか決断を迫られます。

彼女が選択した決断によって物語は大きく動き出します。

 

『檻ノ中のソリスト』のここが見所!


監獄街という独特な世界観


監獄街は犯罪者が収監された周りを城壁に囲まれた巨大な要塞都市です。

要塞都市が出来て80年、この場所から脱獄出来た者は誰一人いません。

永住を悟った収容者たちは家庭を持ち、生活することを選びます。

この独特の世界観が非常に面白いですよね。

時代背景は警備ロボなどがいる辺りを見ると、近未来になってそうです。

この世界観で描かれる物語どんなものになるかは非常に注目!

姉の弟に対する想い


第1話から姉弟愛に感動するような物語が描かれています。

1話でここまで感情移入させられた作品もそうはありません。

家からも出たことのない姉の『クロエ』は弟の『ロック』を世話することを生きがいに生きています。

そんなまだ小さい弟に対する想いが凄く伝わってくるんですね。

そんな大事にしているロックと引き裂かれる展開が描かれます。

彼女が今後何を思って生きていくのかどういった展開になるのかは本当に楽しみな所です。

細部までに描き込まれた作画も素晴らしい


物語だけでなく、作画にも注目です。

細部まで描きこまれた背景、人物の表情の豊かさなど森屋シロ先生の画力は非常に他界です。・・・。

リアリティある作画で可愛い作画とは言えないので万人に受ける作画とは言えませんが、ホントにストーリーにマッチしていて惹き込まれます。

隔週更新にはなっていますが、この描き込み量で隔週で連載出来るのか心配になるクオリティですので、ぜひご覧になってみて下さい。

 

『檻ノ中のソリスト』読者の感想・評判


『檻ノ中のソリスト』読者の感想をTwitterから集めてみました。

男性

すげぇ面白いマンガ始まった 何でコメントできないんだ?
この「好き」を森屋シロ先生に伝えたい!
届け!
Twitterより紹介

男性

檻ノ中のソリスト、1話見た。 めっちゃ涙ぐんだよね。
家族モノはホント弱い。
2話が楽しみすぎる。
Twitterより紹介

男性

ジャンプ+の檻ノ中のソリスト。作者誰ぞ?って思ったら去年読み切りだした人なのか。その時点でも新人とは思えないような絵と内容でびっくりした。
Twitterより紹介

 女性

すっごくこの人の新連載楽しみにしていたの。
一話、面白かった!!!
この作画で隔週やるの??隔月の間違いじゃない??
絵がほんとすごいわ。この人の読み切りも是非読んでほしい。
Twitterより紹介

 女性

話題の「檻ノ中のソリスト」が鳥肌レベルで面白いです……!
無料で公開されてるので、ぜひ見てほしい作品です。
完成された世界観、間がカンペキ。
続きが気になります
Twitterより紹介

まだ第1話までしか公開されていなかったのですが、既にTwitterでは多くの読者から面白いという感想が見られました。

独特の世界観から作画まで評価されており、少年ジャンププラスの新連載作品で第1話でここまで反響が良かった作品も中々ありません。

何か名作の予感をさせるのが『檻ノ中のソリスト』です!

 

森屋シロ先生の読切作品『空飛ぶモグラ』もオススメ!


森屋シロ先生は2017年に少年ジャンププラス内で行われていたイベント『新人読み切りフェア』にて読み切り作品を出しています。

その時に掲載したのが、『空飛ぶモグラ』だったのですが、これを読んだ読者の感想は・・・、

『え、これ新人なの?嘘でしょ』

『空飛ぶモグラこれだけページ数もレベルも段違いやんけ』

と新人作家の中でも別格と言われるほど話題を集めた作品だったんですね。

その森屋シロ先生『空飛ぶモグラ』は現在も少年ジャンププラスで無料で読むことが出来ますので、『檻ノ中のソリスト』で森屋シロ先生をもっと知って見たいという方はぜひご覧になってみて下さい。

ページ数100ページ超えの大ボリューム読切作品となってます!

 

まとめ


いかがでしたでしょうか。

これまた凄い作品が出てきたなと思ったのが正直な感想です。

森屋シロ先生これで新人作家というのですからこれからが非常に楽しみですよね。

今なら少年ジャンププラスで無料で読むことが出来ますので、ぜひご覧ください。

『檻ノ中のソリスト』についてご紹介しました。

「マンガアプリ何を使ったらいいか悩んでいる・・・」

という方は以下のフローチャートで自分に合うマンガアプリを選んでみて下さい!

↓↓↓

【2018年版】あなたにオススメの無料マンガアプリはこれだ!一目で分かるマンガアプリ比較表・フローチャート!

少年ジャンプ+(プラス)を使ってみる(無料)

ユウキ

マンガ歴20年・マンガアプリ歴3年のベテランマンガ評論家。日々マンガを読み続けてマンガ知識を蓄積中。趣味はマンガとゲームと白米。好きな漫画は「幽遊白書」ザマンガ編集長。

少年ジャンプ+(プラス)を使ってみる(無料)