お客様は仏様ですから・・・。感動するホラー漫画「死役所」を紹介

こんにちは!ザマンガ編集部のユウキです。

ホラーマンガって面白いですよね。

最近のマンガ作品のホラーはただ読者の恐怖心を煽るだけでなく色々と考えさせられる作品が多いんですよね。

時には感動してしまう事もあるので、怖いモノは苦手という方でもオススメしたい作品はいくつもあります。

そんな中で、今回ご紹介するのは「死役所」というマンガ作品です。

本作品の作風は頭半分がなくなっていたり、足がぐちゃぐちゃになっていたりとかなりグロテスクですが、死について考えさせられる作品となっています。

ホラー好きの方であれば一度は読んで欲しい作品ですので、ぜひ見てってください!

 

「死役所」はマンガZEROで読める!


作品についてご紹介する前に本作品のちょっとしたお得に読める情報を紹介します!

死役所は株式会社「Nagisa」が運営するマンガアプリ「マンガZERO」で無料で読むことが出来るんです。

マンガZEROでは、チケットというものが1日に最大8枚配布され、1枚で作品のエピソードを1つ読みます。

なので、1日に8話まで無料で読むことが出来るということです。

死役所は2018年3月現在50話まで連載中なので、約1週間で追いつく事が出来ます。

マンガZEROでは、死役所以外にも「BTOOOM !」や「ミナミの帝王」「エリアの騎士」などの有名作品などの面白いマンガ作品が数多く掲載されていますので、ぜひダウンロードしてみてください!

 

死役所とは?


死役所

死役所は2013年11月より「月刊コミック@バンチ」にて連載が開始されたホラー作品です。

作者は「あずみきし」先生。

めちゃマガのインタビューによると、あずみきし先生は役所で働いた事もあるそうです。

死役所は

昔からドラマや映画で簡単に人が死ぬシーンがあると、「この人にも、家族や人生があったんだよなあ…」と考えてしまう癖があり、漠然と「いつかこの死んだ人達にスポットを当てた漫画を描きたい」と思っていました。

という着想から生まれたとか。

めちゃマガのあずみきし先生のインタビューはこちら!

本作品はマンガZEROで非常に人気がある作品で総合ランキングでは何と1位

総読者数は350万人を記録しています。

本作は1話〜3話でお話が完結するオムニバス形式の作品になっています。

ほとんどの話が死生観について考えさせらるのが本作品の最大の魅力です。

グロテスクな描写が多く中には胸糞悪いエピソードもある作品ですが、誰にでも一度は読んで欲しいのが本作品です。

読者の評判


Twitterやレビューサイトより集めた男性の読者の感想を一部ご紹介します!

社会人

たまたま、ネットで見かけて読んでみる。ひとつの死にいろんな背景があって、興味深く読む。必ずしもハッピーエンドばかりでなく、心にモヤモヤしたものが残るが、続きを読んでみたくなる作品だった。

人の死というのは千差万別です。

ハッピーエンドだけでなく中には切なくなってしまうストーリーもあります。

大学生

もっとグロい系の話だと思って避けていたんだけれども、オススメされたので読んで見た。よくある話だけれども、死んだ人側からの視点で書かれる物語は結構心に重く響く。

ストーリーは確かに自殺、虐待死、事故死などのありきたりなお話ですが、そのお話を死人の視点から見るというのは珍しい作品ですよね。

主婦

広告がずっと気になってたので一巻だけ読んで見た。面白かったけどみんな死んだ理由が胸が痛い。いじめに虐待、子供が死ぬのは辛いなぁ。次はいい人生に生まれ変わって欲しい。

死役所には、子供から老人まで多くの人が訪れます。

特に子供の死は胸を締め付けられますよね。

イシ間さんの

「いい子なのになぁ… 何でかなぁ…」

というセリフはかなり来ました。

 

読者の評判はかなり高かったです。

amazonのレビューでも星4つと中々の評価でした。

死役所 amazonレビュー

amazonより引用

人の死を扱っているので暗い話が多いですが、グッとストーリーに引き込まれてしまう不思議な魅力が本作品にはあります!

あらすじ


お客様は仏様です。

死役所は死んでしまった者たちがまず訪れる場所。

そこではどんな風に死んだのか、遺書は残したかなど死人の手続きをしなければならない。

子供から老人まで多くの人がここを訪れ、天国かはたまた地獄へ旅立っていく。

 

主な登場人物


シ村


死役所「シ村」

本作の主人公。

死役所の総合案内役を担当しており、色々な課へ顔を出している。

いつも笑顔で冷静沈着であるが、時には空気を読めない場面がある。

そんな彼の生前の頃の出来事はまだ明かされていない。

 

ニシ川


死役所「ニシ川」

自殺課を担当しているシ役所職員。

仕事は出来るのだが口が悪い。

物事をはっきりいうタイプで正論を言って死人の心を折ることも・・・。

 

ハヤシ


死役所「ハヤシ」

シ役所職員。

生活事故死課で働いている。

趣味は死人が持っているマンガや著名人のサイン集。

勤務態度に問題があり、度々死人とトラブルになっている。

 

イシ間


死役所「イシ間」

シ役所職員。

他殺課に所属している。

非常に涙もろい性格で訪れた死人の死んだ理由を聞いて度々泣いている。

特に生前の時にいた愛娘を思い出してしまうからか子供には滅法弱い。

 

「死役所」のここが魅力!


様々な死人のバックグラウンド


死役所に色んな人が毎日訪れています。

そんな死人の死因やバックグラウンドも人によって様々ななんですよね。

後悔がある者、天寿を全うした者、自殺など千差万別です。

本作品ではそんな人たちのバックグランドや死んだ後の世界がどうなっているのかが描かれています。

その物語には感動してしまうお話や、胸が締めつけられる程苦々しいお話もありますが、そんな人達のバックグランドは本作品の魅力になっています。

 

シ役所職員達のバックグラウンド


シ役所職員達も当然ながら死んでいます。

しかし、シ役所職員はどういった人がなれるのかという規則があります。

シ役所職員にはどうしたらなれるのか、職員達はどうやって死んだのか。

そういった謎が物語が進むに連れて徐々に解明されていきます。

その中でも見所はやはり本作の主人公でもある「シ村」さんの背景ですよね。

作中で全て語られている訳ではありませんが、徐々にシ村さんについても語られていきます。

シ村さんさんとは一体何者なのかは本作品の一番の見所になるのではないでしょうか!

 

読みやすい短編集


本作品の物語はほとんどが1~3話の短編がまとまったオムニバス形式の作品です。

エピソード毎に訪れた死人のお話になっているので、完結にまとめられていて読みやすいですよね。

私の場合、ストーリーが繋がっているとどこで切ればいいか分からず結局徹夜で全巻読んでしまうということがあるので、短編はある意味区切りが着いていて魅力だなと思いました。

まとめ


「死役所」についてご紹介しました。

死をテーマにしたマンガ作品はいくつもありますが、それは生きている人側からの視点が多いんですよね。

本作品では死について死人から語られるという作品は中々ないので、非常に魅力的な作品だと思います。

いじめや虐待など現代の社会問題になっているテーマも取り上げているので一度は読んで欲しいのが本作品です!

しかし、グロテスクな描写は数多くあり、ストーリーも胸が痛くなるようなお話ですので、苦手な方は注意が必要です。

マンガZEROをダウンロードすれば本作品が無料で読めますので、気になった方はぜひダウンロードしてみてください!

『好きなマンガを無料で読みたい!』

という方は以下の記事で2,000円分のマンガを無料で読む方法を紹介していますのでぜひご覧ください!

↓↓↓

【違法性なし】マンガを無料で読む裏技を紹介!約2,000円分の好きなマンガが無料で読める!!

マンガを無料で読む裏技

マンガZEROを使ってみる(無料)

ユウキ

マンガ歴20年・マンガアプリ歴3年のベテランマンガ評論家。日々マンガを読み続けてマンガ知識を蓄積中。趣味はマンガとゲームと白米。好きな漫画は「幽遊白書」ザマンガ編集長。

マンガZEROを使ってみる(無料)