『ハラサキ』の見所や読者の感想は?人気ホラー小説のコミカライズ作品!

こんにちは!ザマンガ編集部のユウキです。

マンガUPでは『Re:ゼロから始める異世界生活』『ハッピーシュガーライフ』『俺の彼女と幼馴染みが修羅場すぎる』などアニメ化している有名作品が数多く連載していますよね。

どの作品も他のマンガアプリでは読めない作品ばかりなので、アニメファンの方にとっては一番にオススメ出来るマンガアプリとなっています。

しかし、マンガUPは有名作品だけでなく魅力的なオリジナル作品も数多く連載しているんですね。

今回はそんなマンガUPオリジナル作品の中からとびきりのホラー作品をご紹介します。

ご紹介するマンガは『ハラサキ』です。

突如異世界に囚われてしまった主人公の脱出劇を描いたノンストップホラー作品となっています。

今回は『ハラサキ』のあらすじや見どころ、読者の感想などについてご紹介していきます!

『ハラサキ』はマンガUP独占で連載中!!


マンガUP!

『ハラサキ』には『野城 亮』先生が描いた小説が原作となっています。

その原作が『第24回日本ホラー小説大賞読者賞』を受賞するほど、好評であったことからマンガUPでコミカライズ版の連載が開始されました。

作画は『櫻シノ』先生が担当しています。

マンガUPについて知らない方のためにマンガUPについて説明すると、マンガUPはスクエアエニックスが運営するマンガアプリです。

スクエニはゲームの印象が強いかもしれませんが、実は「少年ガンガン」「ヤングガンガン」などのマンガ雑誌も発行しているんですよね。

マンガUPではそんなガンガンの名作作品を無料で読む事が出来ます。

掲載作品の一例を挙げると、

  • ハッピーシュガーライフ
  • ゴブリンスレイヤー
  • Re:ゼロから始める異世界生活
  • 魔法科高校の劣等生
  • アカメが斬る!
  • ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
  • 咲-Saki-

などアニメ化している作品が数多くあります。

また、最近ではオリジナル作品も多数連載中です。

マンガUPのオリジナル作品は他のマンガアプリのようなマンガ家を募ってオリジナルの作品を生み出すのではなく、ほとんどのオリジナル作品に原作があります。

その原作となっているのが『小説家になろう』というサービスの作品です。

『小説家になろう』では多くの方が小説を投稿しているサービスで、マンガUPでは『小説家になろう』で人気を集めている作品が続々とコミカライズされているんですね。

そんなマンガ作品をマンガUPでは1日8話まで無料で読むことが可能です。

時間さえかければ、全ての作品を無料で読破することが出来ます。

アニメ好きの方、無料でマンガを読みたい方にはかなりオススメ出来るマンガアプリです!

マンガUPについてもっと詳しく知りたい方は以下の記事をご覧下さい!

↓↓↓

マンガUP!とは?人気マンガ・特徴・料金・評判を徹底解説!

 

『ハラサキ』のあらすじ


百崎日向(ももさきひなた)は結婚が決まり、“ハラサキ”の都市伝説の残る、故郷の竹之山を訪ねようとしていた。

日向には小学校卒業までの記憶がほとんどなかったが夕陽に照らされる雪景色だけは覚えていた。

日向は駅のホームで親友だったと語る相原沙耶子と出会う。

そして突然、電車内を暗闇が覆い、日向は気を失う。

目覚めるといつの間にか夜の竹之山駅にいた。

人がまったくいない、明らかに異世界の竹之山駅の外には雪が積もり始めた女性の死体があり、その手には謎の手紙が握られており、竹之山温泉へ向かうよう書かれていた。

襲いかかってくる黒い影から逃げながら、この出られない世界からなんとか脱出しようと温泉街をさまよう。

日向の婚約者である神原正樹は、消えた日向を探し始める。繰り返される残酷な悪夢、一体この町で何があったのか。

失った記憶を取り戻したとき、真の恐怖が日向を襲う――。
Amazonより引用

 

『ハラサキ』のここが見所!


謎の殺人鬼から逃げ切るノンストップホラー!


主人公である日向は故郷への帰省中に突如世界が暗転し、道中で出会った沙耶子と共に異世界に囚われることになります。

この異世界は景色は現実と変わらないのですが、人が自分たち以外誰もいない、時間が止まっているなど数々の怪奇現象が起きているんですね・・・。

そして、とっておきは人の見るも無残に殺された死体が横たわっていたことです。

謎の殺人鬼『ハラサキ』が潜んでいるということを知ってしまった日向達は逃げ惑うことになっていきます。

本作品のタイトルともなっている『ハラサキ』。

このハラサキから逃げ切ることが出来るのかは本作品の最大の見所となっています。

日向の失っている記憶とは?


日向にはまだ故郷にいた幼少の頃の記憶がありません。

婚約をするからと帰省してきたものの内心は不安だったんですよね。

そんな中で日向は異世界へと誘われてしまいます。

しかし、不思議なことに彼女は異世界に誘われることによって徐々に昔の記憶を思い出していくんですね。

彼女の幼少の記憶と『ハラサキ』という都市伝説は密接に関係してきそうなので、注目です。

婚約者の正樹は日向を見つけることが出来るのか?


本作品では日向とは別に日向の婚約者である『神原正樹』の視点からも物語が描かれています。

正樹は日向の故郷に向かう際、自分が一人旅が好きだったこともあり現地で日向と合流するということになっていました。

しかし、約束した場所の宿に日向は一向に現れません。

何やら胸騒ぎがした正樹は日向を探しにいくことになるのですが、異世界にいる日向を見つけるのは困難を極めます。

しかし、少しづつ手がかりを見つけていく正樹。

果たして、無事に日向を見つけることが出来るのかは注目です!

 

『ハラサキ』読者の感想・評判


『ハラサキ』を読んだ読者の感想・評判を一部ご紹介!

男性

原作が個人的に好きだったんで期待!
マンガUPコメントより紹介

男性

続きが気になって、先読みで5話まで読みました。ですが、その続きが配信されるのは2月だそうです。なので、すぐに原作小説の電子書籍を買って最後まで読みました。それくらいに続きが気になりました。
マンガUPコメントより紹介

男性

「ハラサキ」読み終えました!
しばらく前にマンガUPでコミカライズの1話を見て、原作を読んでみたいと思った矢先に書店で見かけたので買った次第です!
何気にホラー小説を読むのは初めてだったのですが、とても面白かったです!
Twitterより紹介

男性

24回ホラー小説大賞読者賞に輝いた本作が待望の文庫化

本作を一言で表せば、山椒ようなホラー作品、であるかもしれない
小粒だがピリリと辛い、良いアクセントのある作品であるといえよう。
基本のプロット、三幕構成の展開、最後にキチンとオチを作る等
ストーリー作成の手本のような一作である。

ただ、言い換えれば教科書的というか、ありきたりな感じはある。
最後のオチで山椒の辛さが出た感はあるが、ならばもう少しヒネリを入れても良かったかもしれない。
原作Amazonレビューより紹介

男性

ラスト1ページで急展開…と言うレビューを見た後で読んで見たが、驚くほどのものでもなかった。
全体的な内容はよく練られてるなとは思ったが、緊迫感はあまり伝わって来ず。
影って言うのが抽象的過ぎて恐ろしさに繋がりづらかった。
原作Amazonレビューより紹介

男性

ここ二年ほど大賞が出てない日本ホラー大賞読者賞の作品。
あんまり期待しないで読んだら中々面白い。最後も良い感じに救いがないゾッとするラストだし。読んでて面白い。
・・・これが大賞じゃ駄目なんですかね?
そりゃあ、他に突出した才能があったなら仕方ないだろうけど、「受賞者なし」になるくらいならこの作品で問題ないと思う。読んだ事のないホラーと言える程ではないですが、ホラーアンソロとかに入っててもおかしくない素人離れした完成度だ。
原作Amazonレビューより紹介

 

まとめ


『ハラサキ』は原作小説が『第24回日本ホラー小説大賞読者賞』を受賞していることからも分かる通り、物語の構成は非常に上手いと思います。

また、『ハラサキ』というホラー要素と『日向の記憶喪失』という要素がどう絡み合うのかが非常に気になる作品です。

マンガの方がよりホラー要素が高まっているので、原作を読んだ方でもかなり楽しめるのではないかと思います。

マンガUP無料で読むことが出来ますので、気になった方はぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。

『ハラサキ』についてご紹介しました。

『好きなマンガを無料で読みたい!』

という方は以下の記事で2,000円分のマンガを無料で読む方法を紹介していますのでぜひご覧ください!

↓↓↓

【違法性なし】マンガを無料で読む裏技を紹介!約2,000円分の好きなマンガが無料で読める!!

2,000円分の好きなマンガを無料で読む裏技!

マンガUPを使ってみる(無料)

ユウキ

マンガ歴20年・マンガアプリ歴3年のベテランマンガ評論家。日々マンガを読み続けてマンガ知識を蓄積中。趣味はマンガとゲームと白米。好きな漫画は「幽遊白書」ザマンガ編集長。

マンガUPを使ってみる(無料)