違法性はある?マンガUPの無料で読める仕組みについて解説!

こんにちは!ザマンガ編集部のユウキです。

マンガUPでは「ダンジョンに出会いを求めているのは間違っているだろうか」「アカメが斬る!」「ひぐらしのなく頃に」などアニメ化もしている有名作品が数々あります。

アニメ化をしたマンガ掲載数は数あるマンガアプリの中でも一番と言っていいでしょう。

そんな作品が無料で読めてしまうのがマンガUPの凄い所です。

しかし、

「本当に無料で読んで大丈夫なの?」

「違法性はないの?」

とマンガUPを利用するのに不安な方もいるのではないでしょうか。

違法マンガサイト「漫画村」が話題になった事でマンガを無料で読む事事態に懐疑的な方も多いですよね。

しかし、マンガUPは間違いなく安全であり、違法性が全くない健全なマンガアプリです。

今回はマンガUPが無料の仕組みについて解説します。

 

マンガUPが無料で作品を読める2つの理由


マンガUPが無料で有名なマンガ作品を読める理由は大きく分けて2つあります。

① スクエニが出版しているマンガ作品を掲載しているから

② 広告と課金のビジネスモデルだから

この2つです。

それぞれ詳しく解説していきます。

① スクエニが出版しているマンガ作品を掲載しているから


まず、有名作品を掲載するには掲載料をそのマンガ作品を出版している出版社や作者などに支払わなければなりません。

違法なマンガサイトでは有名作品を多数掲載していますが、著作権を度外視しています。

これがかなり問題になりましたよね。

しかし、マンガUPだと事情がかなり変わってきます。

マンガUPを運営しているのは「スクエア・エニックス(スクエニ)」です。

ゲーム好きなら知らない人はいないぐらいゲーム会社として有名な大企業ですよね。

そんなスクエニでは実はゲームばかりでなくマンガ雑誌も発行しています。

それが、「ガンガン」です。

マンガUPではそんなガンガン作品が掲載されています。

「自社で出版したマンガ作品を自社のマンガアプリで掲載している」

何の違法性もありませんよね。

さらに、ガンガン作品なので著作権使用料なども支払う必要が一切ありません。

ほとんどのマンガアプリではマンガ作品を掲載するのに著作権使用料を支払っていますが、この費用がかからないのはマンガアプリとしても大きなメリットになります。

「費用を抑えて、他のマンガアプリでは読むことの出来ないマンガ作品を提供出来る」

というのがマンガUPの最大の強みなんですよね。

 

② 広告と課金のビジネスモデルだから


「でもお金が稼がなきゃ意味がないんじゃないか」

と思いますよね。

正にその通りです。

有名作品をいくら掲載出来ても売上げが立たなければマンガUPも時期にサービス終了してしまう事もあります。

ですが、マンガUPではしっかりと売上げを立てる事が出来ています。

そのビジネスモデルが「広告と課金」です。

それぞれ見ていきます。

広告を掲載する事で収益が得られる


広告収益はほとんどのマンガアプリで採用されているビジネスモデルです。

マンガUPでは様々な所に広告が掲載されていますよね。

MP+が獲得出来る動画広告やマンガの最終ページにも広告が表示されています。

こういった広告を掲載する事で広告主から掲載料を貰う事が出来るんですね。

紙媒体の本にはなかったビジネスモデルです。

また、もう一つ重要なのが、「リワード広告」という掲載方法です。

リワード広告とは、アプリ内で紹介されているサイトを会員登録したり、ダウンロードする事でユーザーが報酬を得られるタイプの広告の事を言います。

マンガUPでも様々なサイトが紹介されており、そのサイトに登録する事でMP+をゲットする事が出来ますよね。

マンガUP!サイト登録

ユーザーもMP+が獲得できて、広告主も大きな宣伝に繋がっています。

リワード広告は運営側もただ掲載する広告よりも掲載料をより多く得る事が可能です。

 

課金してもらう事によって売上げが立つ


マンガUPでは無料で読む事が出来ますが、無料分は「1日8話まで」という制限がありますよね。

それ以上読みたい場合はMP+を貯めるなりマンガコインを課金で購入するなどが必要になります。

この課金によって売上げが立つようになっているんですね。

このビジネスモデルの事は「F2P」と言います。

「Free to Play」の略称です。

日本語に言い直すと「基本無料で課金要素有り」の事を指しています。

このF2Pモデルが非常にマンガアプリとマッチしているんですよね。

マンガUPではマンガコイン20枚でエピソードを1つ読む事が可能です。

マンガコインは1枚 = 1円なので、エピソード1つ20円という事になります。

20円というかなり少額な値段なので、ついつい課金してしまうような作りになっているんですよね。

こういった少額の課金で楽しむ事が出来るという点はもしかするとマンガアプリはゲームアプリよりもF2Pモデルに合っているのかもしれません。

 

まとめ


マンガUPがなぜ無料で有名作品が読めるのかを紹介してきました。

 

まとめると

  • 自社で出版しているので、著作権使用料を支払う必要がない
  • 広告と課金収益をメインにしている

の2点です。

 

「漫画村」のような違法サイトとは正反対な安心出来るマンガアプリとなっています。

そもそもスクエニという大企業が違法なアプリを扱うはずがありませんよね・・・。

皆さんも安心していマンガUPをご利用下さい!

マンガUPの無料で読める仕組みについてご紹介しました。

マンガUPをもっと詳しく知りたい方は以下の記事へ!

↓↓↓

マンガUP!とは?人気マンガ・特徴・料金・評判を徹底解説!

「マンガアプリ何を使ったらいいか悩んでいる・・・」

という方は以下のフローチャートで自分に合うマンガアプリを選んでみて下さい!

↓↓↓

【2018年版】あなたにオススメの無料マンガアプリはこれだ!一目で分かるマンガアプリ比較表・フローチャート!

マンガUPを使ってみる(無料)

ユウキ

マンガ歴20年・マンガアプリ歴3年のベテランマンガ評論家。日々マンガを読み続けてマンガ知識を蓄積中。趣味はマンガとゲームと白米。好きな漫画は「幽遊白書」ザマンガ編集長。

マンガUPを使ってみる(無料)