「マンガUP!」おすすめ機能!深夜データダウンロード機能について紹介

マンガUP!深夜ダウンロード機能

こんにちは!ザマンガ編集部のユウキです。

マンガアプリの悩みが、

電波の弱い場所では読むことができない

ところですよね。

通学・通勤中の電車に乗っているときにマンガを読みたいのに、電波が悪くて読むことができないなんてことありませんか。

ストレス溜まりますよね。

電波が弱いとアプリが使えないというのはマンガアプリだけでなく他のアプリでも一緒のことが言えますが、「マンガUP!」ではある機能でこの悩みを解決してくれました。

その名も「深夜データダウンロード機能」です。

※深夜データダウンロード機能は2018年2月時点ではiOS(iPhone)のみの機能のようです。

深夜データダウンロード機能とは?


この機能は一定の条件を満たせば、自分が読んでいるのマンガのファイルやお気に入りしている作品のファイルを寝ている間に事前にダウンロードしてくれる機能です。

すごいですよね。

自分で事前にダウンロードして、あとで通信をせずに見ることができるマンガアプリは数多くありますが、この機能は自分で作品を選ぶ必要もないんです。

寝ている間に、ホーム画面にある作品やよく読む作品を自動にダウンロードしてくれます。

この機能の欠点として、逆に自分で作品を選んでことダウンロードすることはできません。

しかし、お気に入り登録されている作品から優先的にダウンロードされていくので、どうしても読みたい作品がある場合はこの機能を使う前に読みたい作品はお気に入り登録しておきましょう。

作品一覧ページの右上にある星アイコンをタップすればお気に入り登録することができます

マンガUP!お気に入りのやり方

お気に入り登録されている作品はマイページで確認することができます。

マンガUP!お気に入り作品確認の仕方

ここのお気に入りに入っている作品が優先的にダウンロードされるようです。

私が使ってみたところ、上の画像の3作品(ダンまち、アカメが斬る!、うみねこのなく頃に)をお気に入り登録しておいて、次の日の通勤中にそれぞれ3話ずつ読んでみましたが、どれもロード画面が入ることなくサクサク読むことができました。

 

深夜データダウンロード機能のやり方


やり方はまず、マイページから設定画面を開きます。

マンガUP!投稿ガイドラインの見方1

次に「深夜データダウンロード機能」のスイッチをオンにします。

マンガUP!マイページ

スイッチをオンにしたときにエラー画面が出る時は通知がオフになっているので、オンにする必要があります。

マンガUP!深夜データダウンロード機能エラー

そのままOKを押すと、iPhoneの設定が画面に移動するので、通知をタップ。

iPhoneのアプリ通知の設定

「通知を許可」をタップして通知の設定は完了です。

iPhoneのアプリ通知の設定2

次にスマホの空き容量が1GBあるか確認しましょう。

ない場合は何かのアプリを消すなどして容量を1GB以上確保しましょう。

最後に「wifiに接続しスマホを充電中にする」これを満たせば深夜データダウンロードの設定完了です。

あとは、ぐっすり休んでいただくだけで深夜に自動でダウンロードしておいてくれます。

まとめると、

  • 通知をオンにする
  • マイページで深夜データダウンロード機能のスイッチをオンにする
  • 端末の空き容量(ストレージ)を1GB以上にする
  • wifiに接続する
  • スマホを充電中にしておく

この5ステップでこの機能を利用できるようになります。

 

通信量の節約にもなる!


深夜データダウンロード機能は電波が悪いところでサクサク読めるだけでなく、通信量の節約にもなります。

マンガアプリの作品の通信量は実はバカになっていません。

基本的に現在のマンガアプリのほとんどが「ストリーミング方式」の閲覧方法をとっており閲覧した分だけ通信しています。

 

実際にマンガUPで1日に無料で読むことができる8話はどれぐらいの通信量がかかっているかを検証してみました。

今回は「My Data Manager」というアプリを使ってどれぐらいの通信量があるか調べました。

検証したところ8話で通信量は61MBの結果が出ました。

マンガUP!8話あたりの通信量

1日で61MBだと月で1.8GBもの通信量がかかります。

他のアプリも使うことを考えると、wifiを使わない限りすぐに通信制限がきてしまうのではないでしょうか。

深夜データダウンロード機能はこれこの通信を事前にやってくれるので、かなりの通信量を削減できる機能と言えます。

まとめ


マンガUPの「深夜データダウンロード機能」をご紹介しました。

深夜データダウンロード機能はお気に入りにいれておけば寝ているうちに自動でダウンロードしてくれるという画期的な機能です。

この機能を設定するだけで、通学・通勤中の通信が遅くて読めないストレスから解放されることを考えると実に便利な機能ですよね。

設定には時間は全くかからないので、ぜひやってみてください。

『好きなマンガを無料で読みたい!』

という方は以下の記事で2,000円分のマンガを無料で読む方法を紹介していますのでぜひご覧ください!

↓↓↓

【違法性なし】マンガを無料で読む裏技を紹介!約2,000円分の好きなマンガが無料で読める!!

マンガを無料で読む裏技

マンガUPを使ってみる(無料)

ユウキ

マンガ歴20年・マンガアプリ歴3年のベテランマンガ評論家。日々マンガを読み続けてマンガ知識を蓄積中。趣味はマンガとゲームと白米。好きな漫画は「幽遊白書」ザマンガ編集長。

マンガUPを使ってみる(無料)