マンガボックス人気作品「インゴシマ」の作者「田中克樹」先生独占インタビュー!

インゴシマ

こんにちは!ザマンガ編集部のユウキです。

マンガボックスでは様々なマンガ作品を無料で読む事が出来ます。

全エピソードが読めないという制限があるものの初めから追っていれば最新話まで無料で読めてしまうのがマンガボックスの良いところですよね。

そんなマンガボックスではオリジナル作品が数多く連載しています。

中でもサバイバルホラー作品の「インゴシマ」は数ある有名作品やオリジナル作品を抑えてランキング上位にいるマンガボックスの中でも人気のオリジナル作品です!

今回はそんなマンガボックス人気作品「インゴシマ」の作者である「田中克樹」先生に直接インタビューをさせて頂きました!

「インゴシマ」や田中先生のご自身の事までここでしか語られていない情報多数ですのでぜひご覧下さい!

 

田中先生のマンガ家になるきっかけ


――田中先生のマンガ家になるきっかけは何でしょうか?

田中克樹先生

物心ついた時から絵を描くこと、マンガやゲームなどが好きだったんです。

きっかけは幼稚園の頃ですね。

絵を描くとみんなが周りに集まってくれて、凄く喜んでくれたんです。

絵というのは、ずっと一人で描くもので孤独な作業ですよね?

でも、出来上がった絵は、なんと自分以外のみんなを感動させる「作品」になる。

それが幼心に、すごく嬉しかったんですよ。

そんな事がきっかけで、マンガ家になろうという思いを抱くようになりました。

――幼い頃からは絵の実力が開花していたんですね。

田中克樹先生

自分の絵が特別上手いとは…正直、思ってはいなかったですね。

というのも当時の小学生にとってマンガ家は憧れで、僕も同じように

「なんでこの人達はこんなに上手くマンガや絵が描けるんだろう!?」

と憧れを抱いていました。

当時はいくつも写し絵とか、真似してマンガを描いて少しでも近づきたかったです(笑)

 

作風に影響を受けたマンガ家


――田中先生ご自身の作風に影響を受けたマンガ家さんはいらっしゃいますか?

田中克樹先生

はい。あらゆるマンガから影響を受けていると思います。

ただ、中でも僕を作ってくれたのはやはり「週刊少年ジャンプ」です。

世代的にもドンピシャでした。

また、やはり「手塚治虫」先生には多大な影響を受けました。

幼い頃、祖母に手塚治虫展へ連れてってもらったのがきっかけでマンガ家という存在に触れたのは、僕の始まりの出来事でもあります。

ただ…「火の鳥」を読んだ当時の僕。その深淵を理解するに至ったのかは…はなはだ疑問ですね(笑)。

――確かに手塚先生の作品は小学生には難しいですよね・・・。

田中克樹先生

そうなんですよ。

ただ「鉄腕アトム」は子供ながらにワクワク出来て、好きだったのを覚えています。

そうだ!その小学生の頃、女の子が上手に描きたくて「あだち充」先生の「タッチ」を父親からゲットし、それをひたすら描いてました。

あだち先生の可愛いキャラを描くと女の子にもモテるという…。

――タッチを描いた時のその反響は凄かったのではないですか?

田中克樹先生

好きな子にその絵を描いて告白し、「タッチの絵」は受け取ってもらえましたが、僕の気持ちは返されました。

淡い春でしたね…。

 

株式会社CROSTAについて


――田中先生は以前連載していた「瘴気のガスマスカレイド」の時に原作担当でもあった「水城水城(みずしろ みずき)」先生と起業をしていますが、どういった経緯で起業したのでしょうか。

田中克樹先生

Exys株式会社さんという親会社がいて、IP作りに専念するのはどうかというお話を頂いて、子会社として出資をして頂き、株式会社CROSTAを発足するに至りました。

当時、僕自身の連載(「超推脳KEI」週刊少年サンデー)を終えていて、少しマンガを離れようと現親会社の株式会社Exysの稲富さん(代表取締役)にお世話になっていました。

ただ、そこから子会社としてまたマンガを製作することになる…っていうのはホントに偶然だったんでした。

※ 超推脳KEI 摩訶不思議事件ファイル

2013年より週刊少年サンデーで連載していたSF要素を取り入れたサスペンス作品。

主人公・風丘京が幼少時に現代医学では治療法の無い脳の奇病を発症します。

しかし、天才科学者の父親によって脳にウルトラコンピューター「量子CP」を埋め込む事で成功率ほぼゼロと言われた施術に奇跡的に成功し、完治することに。

さらに量子CPを脳に埋め込んだ事で格段に高い分析力も手に入れる事になります。

その高い分析力を活かしてミステリー研究会に来る様々な難解事件を解決していくというサスペンス作品となっています。

 

 

マンガボックスの良さとは?


――マンガボックスを含め、マンガアプリの良さはどんなところに感じますか。

田中克樹先生

ズバリ「読みやすさ」だと思います。

画面をタップするだけで読めてしまうので、面白そうな作品をより感覚的に楽しめる。読者までの距離は近いと思います。

紙媒体のいいところもたくさんあります。

ウェブは、そこと違ったより感覚的な選択が可能で、支払いもワンタップ。ストレージも大容量だから、何千冊ものストックが端末一つで可能だったり、とにかく悩まないところが良いのではないでしょうか。

新しい作品や、冒険的な作品だと読んでもらえないという印象があったんですけど、マンガボックスなどのマンガアプリが流行ってからは結構色んな作品を読んで頂けるようになったなあと感じています。

紙とウェブでは読者層が違うと言いますが、両翼でマンガを展開できるなら、より多くの読者を獲得できそうですよね。

マンガ家も出版社もそのメーカーも積極的にマンガを作る土壌が生まれてくれれば、より良い作品が読者の皆様に提供できるのではと。

そこが強いと思います。

 

インゴシマについて


――インゴシマは無人島サバイバルという王道的なジャンルですが、描く事になった経緯について教えてください。

田中克樹先生

初めは、担当さんより企画を頂いたことがきっかけです。

実はその時「SF」含めて複数の企画がありました。

そこから現代物の企画を選んだんですが、じゃあこのマンガを「サバイバルマンガ」にして描いてみようかなと。

それでてきたのが「インゴシマ」です。

――インゴシマは過激な性描写も話題になる作品ですが、意図されていることはあるのでしょうか。

田中克樹先生

エッチなものを目指して描いているつもりはないです(笑)

性表現はどんなマンガにとっても凄く重要な要素だと思っているんですね。

インゴシマに関しても、リアルな民族性を描く上ではどうしても必要な要素だったんです。

――そうなんですか。インゴシマを描く上で民族についても調べているんですね。

田中克樹先生

そんなに深くはないんですが、僕が民俗学に興味があったんです。

インゴシマでは「インゴ」という指導者に率いられた「シマビト」という民族が登場します。

その風習や見た目のアウトラインは、我が日本を基準に引いています。

バリエーションとして古代マヤ、インカ、アステカの神秘的な風習を取り入れようと色々調べて見ました。

この習慣が結構エグくて、心臓を捧げるとか普通に儀式にあったり、複数の男性を並べ、その性器に紐を通してとか結構グロい。

ただそれぐらいのインパクトが僕も担当さんも欲しいなと思っていたので、「過激」と言われる表現に繋がりました。

――なるほど。次に今まで描いたエピソードの中で良く描けたなと思うエピソードはございますか。

田中克樹先生

橘君のエピソードが好きですね。

キャラ固有のエピソードを作るときが好きです。

――剣道の達人の橘くんですね。なぜキャラ固有のエピソードを描くのが好きなのでしょうか。

田中克樹先生

インゴシマのようなパニックホラー的作品ではよく見られることですが、導入から読者を作品の中で起きるトラブルに主人公と一緒に巻き込んで行きます。

なので、必然的にキャラメイクは外形的にも内面的にもリアルタイムで進行します。

キャラの深掘りが後になることもありますが、基本的にはキャラを深掘りして行くのはどの作品でも同じですよね。

キャラの過去に、今のキャラとは違った一面だったり、実はこんな出会いがあったんだ!などを色々と妄想してそのキャラの人生を色付けしていってあげると、まるでそこに存在するリアルな仲間のようになり、人生を共に歩んでいるような気持ちに入り込めますから。

時には辛い過去に苛まれ、作り手の癖に意味の分からない涙を流すわけですが。

いずれは、高崎君の過去や陸と啓太の馴れ初めエピソードなども描きたいなと思っています。

――高崎君の過去はぜひ見てみたいですね!キャラ固有のエピソードと言えばやはり啓太と葵の過去の話も読者が気になっている所だと思います。

田中克樹先生

そうですよね。

2人のエピソードについては徐々に描いていきたいと思っています。

啓太や葵だけでなく、キャラ全般に言えることは、

「ホントこんな過酷なストーリーに魂をぶち込んでごめんな!」

って感じですかね。(もしキャラの誰かが抗議することがあるなら、そこは原案を用意してくれたマンガボックスさんか担当さんに…(笑))

これからはもっとダイナミックに状況が変わって行く予定なので、ぜひ読者の皆様にもお楽しみ頂けたらなと思います。

ネタバレにならない範囲ですが、僕はバトルマンガを描くのが好きなんです…(笑)

 

読者の方に一言


――それでは最後に読者の方に一言お願いします。

田中克樹先生

つたない作品ではありますが、一所懸命に描いてまいります。

みなさん、是非広い心で…いや、一緒について来て頂けると幸いです(笑)。

応援よろしくお願いします!

――本日は貴重なお話ありがとうございました!

 

まとめ


いかがでしたでしょうか。

インゴシマのお話や田中先生の貴重なお話をたくさん頂けました。

インゴシマはまだまだ描き切れていない部分がたくさんあるそうなので、今後も注目です!

現在単行本が2巻まで発売中で、マンガボックスでも絶賛連載中です。

ぜひチェックしてみて下さい!

マンガアプリ何を使ったらいいか悩んでいる・・・」

という方は以下のフローチャートで自分に合うマンガアプリを選んでみて下さい!

↓↓↓

【2018年版】あなたにオススメの無料マンガアプリはこれだ!一目で分かるマンガアプリ比較表・フローチャート!

インゴシマを使ってみる(無料)

ユウキ

マンガ歴20年・マンガアプリ歴3年のベテランマンガ評論家。日々マンガを読み続けてマンガ知識を蓄積中。趣味はマンガとゲームと白米。好きな漫画は「幽遊白書」ザマンガ編集長。

インゴシマを無料で読む