相手の弱みを握れ!マンガボックス連載中の「人間カード」を紹介!

こんにちは!ザマンガ編集部のユウキです。

心理戦を描いたマンガ作品はかなり最近かなり多いですよね。

有名なのは「デスノート」や「ライアーゲーム」などでしょうか。

どちらもあっと言わせるような展開に夢中になってしまいました。

さて、今回はそんな心理戦を描いた作品を紹介します。

その名も

「人間カード」

です。

弱みを握ればカードに人間を閉じ込める事が出来るというカードによって頭脳戦が行われるという中々面白い作品となっておりますので、今回は「人間カード」の見所や登場人物、あらすじなどについてご紹介していきます。

 

連載情報!人間カードはマンガボックスで連載中!


「人間カード」の原作は「黒井 嵐輔(くろい らんすけ)」先生、作画は「塩塚 誠」先生が担当しています。

黒井先生はかつて「ブラックアウト」という作品でモバゲーの小説総合ランキングで1位を獲得した事があるという人気作家さんです。

塩塚先生は「終末のフール」や「シンバ・ラ・ダ」などの作品で作画を務めていた先生なんですね。

そんな2人の先生によって描かれる人間カードはマンガボックスで現在連載中しています。

マンガボックスを知らない方のためにマンガボックスについて簡単にご紹介すると、マンガボックスはDeNAが運営するマンガアプリとなっています。

マンガボックスでは冒頭の数話と最新話から遡った数話が無料で読む事が出来るようになっています。

「人間カード」が最新話から遡って5話、冒頭の3話が無料で読む事が出来るようになっていました。

連載を途中から追う場合は無料で読むのは難しいですが、連載開始から読み始める場合は最新話まで全て無料で読み続けられるのがマンガボックスの良い所なんですね。

また、マンガボックスではストアコーナーでマンガの電子書籍が購入出来るようになっています。

公式発表によると、ストアコーナーのコミックスの掲載数は7万冊を超えているそうです。

マンガボックスで連載していないマンガ作品も多数掲載されており、マイナー作品まで取り揃えられています。

マンガ好きの方はまず入れて後悔しないマンガアプリとなっていますので、ぜひダウンロードしてみて下さい!

マンガボックスについてもっと詳しく知りたいという方は以下の記事へ!

↓↓↓

人気作品が一部無料!?マンガボックスのストアについて解説

 

「人間カード」のあらすじを紹介


この世界には人間を閉じ込める事が出来るカードがあると言われています。

カードの中に閉じ込められてしまうと、自分では抜け出す事が出来ずカードの持ち主の奴隷同然の扱いを受ける事になります。

平凡な大学生であったマモルは行方不明になっていた幼馴染みのユウカの父親がこの人間カードに関わっていたという事を知ってしまいます。

この人間カードが裏では売買されているという事実も知り、ユウカの父親のカードの持ち主を見つけ接触を試みるマモル達だったのですが・・・。

カードの中に監禁・売買…狂気と戦慄の人間トレーディング・サスペンスがここに開幕!!

 

「人間カード」のここが見所!


人間カードのアイデアが面白い!


まずカードに閉じ込める方法は面白い設定になっています。

それが、

「相手の弱みを握る」

という事です。

弱みを暴露して相手を動揺させる事でカードに相手を閉じ込める事が出来ます。

また、カードの中に入ってしまった人がどうなるかというのも非常に面白い設定となっているんですよね。。

持ち主の奴隷の様な扱いを受ける事になり、そのカードの性能を活かした悪事を働く輩もかなり出てくるんですよね。

この人間カードがある事によってどんな物語が描かれるかは非常に注目です!

頭脳戦はかなり注目!


弱みを握らなければいけない人間カードの設定があることからも分かる通り、本作品ではアクションシーンはほとんどありません。

頭脳戦がメインとなっているんですね。

どうやって相手の弱みを握るか、相手をどうやって出し抜くかなどそんなシーンが目白押しとなっています。

それぞれの登場人物から描かれる物語


「人間カード」では様々な人物から物語が描かれます。

閉じ込められた人助け出すために動く人、思わぬ形で人間カードを知ってしまった人など主人公が一人だけという訳ではありません。

それぞれの視点で描かれていた物語が行く末には交わっていく様な物語構成になっています。

その中で浮き彫りになってくる巨大な悪の組織。

その組織とそれぞれがどう闘っていくのかが本作品の見所ではないかと思います。

 

「人間カード」の読者の評判・感想


「皆様の玩具です」読者の評判や感想を一部紹介します!

男性

7話目辺りから面白くなりました。
ストーリーの導入は不自然だし、素人目に見ても分かる頭脳バトル?の論理的穴がちらほらあって読み始めはあまり期待できませんでした。
最初は我慢が必要でしたが、読んでいくうちに次の回への引きが上手くて、なかなか気になる展開になっていきます。
画力は高いです。
ただ必要以上に上からや、下からの(奇抜な?ひねったような?)アングルに凝ったり、キャラクターの手振りやリアクションに不自然なところが散見されます。
ここは引っかかるところでしたが、ここもだんだんと解消されているような気がします。
Amazonレビューより紹介

男性

アイディア◎ 作画◎ キャラ▲
読んでいて今後デスノートみたいに化ける可能性を感じる漫画でした
どんな展開になるのか楽しみですね
作画のクオリティかなりよし
ただ、キャラの設定に若干の違和感(セリフに違和感あり!?)
人間カードの使い方・今後の展開に大いに期待!
Amazonレビューより紹介

男性

人間カード読んだ。最初そんな面白くないかと思ったら最後心臓ドキドキいったわ面白いぞこれは
Twitterより紹介

男性

人間カードっていう漫画がなんか良さそう。裏表紙に鎖に繋がれた女の子が見えたからきっといい作品だぜ
Twitterより紹介

何よりもまず多くの方が挙げていたのが「作画が良い」という事でした。

確かに塩塚先生の作画は安定していて可愛い女の子も多いので好きです。

また、人間カード設定が面白いという意見も多く、展開次第では化けるという意見もありました。

 

主な登場人物を紹介!


庵瀬マモル(いおせ まもる)


都内の大学に通う大学生。

頭は良いが、1つの事にのめり込むと周りが見えなくなってしまう。

行方不明のユウカの父親の手がかりを探している内に人間カードについて知ってしまう。

ユウカ


マモルと同じ大学に通う女子大生。

マモルとリクとは幼馴染みでいつも一緒にいる。

父はギャンブル好きで働いてもいないので、自分が働いて家族を支えている。

しかし、そんな父はある日突然行方不明になってしまう。

佐久間リク(さくま りく)


マモルと同じ大学に通う大学生。

マモルとユウカの幼馴染み。

幼い頃に両親をなくし、祖父母に育てられている。

頭よりも体が先に動いてしまうタイプだが、友達思いの優しい男。

 

「人間カード」を無料で読む方法を解説


ご紹介してきました人間カードですが、マンガボックスでは全てのエピソードが公開されているわけではないので無料全て読む事はマンガボックスでは出来ません。

しかも冒頭は第3話までしか公開されておらず、読みたくても無料では出来ない仕様なのがマンガボックスの痛い所です。

「全然読めないじゃん」

と思ってしまいますよね

しかし!

人間カードを無料で読む方法があります!

それが、「ピッコマ」を利用する事です。

人間カードはマンガボックスで連載している作品ですが、実はピッコマでも掲載されているんです。

人間カード ピッコマ

ピッコマでは1日に1話ずつ無料で読み進める事が出来ます。

ピッコマについては以下の記事で解説していますので、気になる方は以下の記事へ!

↓↓↓

ピッコマとは?おすすめマンガ・特徴・口コミ・評判などを徹底解説!

人間カードの単行本は現在3巻まで公開されていますが、ピッコマでは2巻までのエピソードを無料で読む事が可能になっていました。

マンガボックスで3話まで読んだけど続きが読めていなかったという方。

最新巻の3巻は無料で読む事は出来ませんが、2巻までなら無料で読む事が出来ますので気になる方はぜひピッコマを利用してみて下さい。

 

まとめ


いかがでしたでしょうか。

人間の弱みを暴きカードにするという設定は今までにない設定でかなり魅力的だと思います。

その人間カードによって起こる事件も中々面白いものになっているので、頭脳戦が好きだと言う方はぜひ人間カードをマンガボックスやピッコマでご覧下さい!

「人間カード」についてご紹介しました。

「マンガアプリ何を使ったらいいか悩んでいる・・・」

という方は以下のフローチャートで自分に合うマンガアプリを選んでみて下さい!

↓↓↓

【2018年版】あなたにオススメの無料マンガアプリはこれだ!一目で分かるマンガアプリ比較表・フローチャート!

マンガボックスを使ってみる(無料)

ユウキ

マンガ歴20年・マンガアプリ歴3年のベテランマンガ評論家。日々マンガを読み続けてマンガ知識を蓄積中。趣味はマンガとゲームと白米。好きな漫画は「幽遊白書」ザマンガ編集長。

全マンガが2割引き!!
最もお得にマンガを購入出来るサービスとは?