違法性はない?マンガボックスが安心安全な3つの理由

こんにちは!ザマンガ編集部のユウキです。

マンガボックスでは無料でマンガ作品を読む事が出来るようになっていますよね。

しかし、そこで気になるのは

「マンガボックスが安全かどうか」

です。

「漫画村」が話題になった事でマンガが無料で読めるという事に不安を感じてしまう方も多いのではないでしょうか。

漫画村では裏でウイルスや仮想通貨のマイニングが走っていたなどで怖い噂が耐えなかったですよね・・・。

こういった事があるので無料で読めるマンガボックスもウイルスが入るのではないかと心配になってしまうと思います。

しかし、マンガボックスは間違いなく安心出来るマンガアプリです。

今回はなぜマンガボックスが安心安全である漫画村と比較して3つの理由を紹介します!

① マンガボックスを運営しているのが「DeNA」だから


まず何といっても運営している企業がDeNAというのは間違いなく安心出来るのではないでしょうか。

漫画村は運営元が全く分からなかったんですよね・・・。

サーバはウクライナにあるとも言われていたぐらいなので、一体誰が運営しているのかは全く分かっていませんでした。

運営元が分からないのにそのサービスを信用しろというのも無理な話です。

その分マンガボックスを運営しているのは野球チームも運営している「DeNA」なんですね。

ここまでの大企業が運営しているのはかなり安心できるのではないでしょうか。

仮にDeNA程の大企業が違法性のある事をやっていたら大問題に発展してしまいますからね。

どこの企業が運営しているかはそのサービスが安心出来るかの非常に重要な点ですよね。

マンガボックスは「DeNA」という大企業が運営しているのですから安心出来るマンガアプリです。

 

② ビジネスモデルもはっきりしている!


マンガ無料で読めてしまうと気になるのが、

「何で無料で読めるのか?」

という事です。

 

無料で読める仕組みが分かっていなければ、怪しさが増しますよね。

マンガボックスではこのビジネスモデルがはっきりとしています。

マンガボックスが無料で読める理由はずばり「試し読み」です。

他のマンガアプリのようにマンガボックスではマンガ作品の全てのエピソードが読める訳ではなく、あくまで一部分のみが無料なんですよね。

冒頭の数話と最新話から数話部分のみが無料になっており、決して全てのエピソードを無料で読める訳ではありません。

こうする事で、その作品の一部分を読んで気になった方には単行本をストアコーナーで購入してもらうという流れが出来ているんですよね。

広告の収益もかなり高い!


また、マンガボックスではもう一つ重要なビジネスモデルがあります。

それが「広告」です。

マンガボックスではトップページやエピソードの最終ページに広告が掲載されていますよね。

広告を掲載する事で運営側では広告主より掲載料を貰う事が可能です。

この広告収益はマンガボックスだけでなく他のマンガアプリでも非常に大きな収益源になっています。

今では30以上リリースされているマンガアプリですが、広告を掲載していないマンガアプリは数える程度しかありません。

また、広告収益のもう一つ重要なものが「リワード広告」です。

リワード広告とは、アプリ内で紹介されているサイトを会員登録したり、ダウンロードする事でユーザーが報酬を得られるタイプの広告の事を言います。

マンガボックスでも紹介サイトに登録する事でボーナスコインを獲得出来るようになっていますよね。

マンガボックス 紹介サイト一覧

リワード広告ではユーザーに見てもらうだけでなく、サービスを使ってもらう事まで出来るので、広告主からすると非常にメリットがあります。

なので、普通の広告掲載するよりも多くの掲載料を受け取る事が出来るんですね。

この広告収益もある事で、マンガボックスは無料で提供する事が出来る理由となっています。

 

③ マンガアプリだから安心出来る!


「何を言っているんだ?」

と思うかもしれませんが、ここがかなり漫画村とは変わってきます。

まず漫画村はウェブサービスであり、スマホで見る場合はsafariやChromeなどのブラウザを介して見るんですよね。

こういったウェブサービスは誰にでも作る事ができ、制限などもありません。

しかし、マンガボックスはウェブ版もありますがメインはアプリなんですよね。

アプリというのはAppleのApp Store、GoogleのPlay Storeとそれぞれのプラットフォームから配信される事になります。

こうしたアプリのプラットフォームからアプリを配信する時はかなり厳しい審査が入るんですよね。

また、常に監視下に置かれているという事もあり、違法性がある事が発覚すれば間違いなくそのアプリはBANされます・・・。

なので、マンガアプリで運営が出来ているという事は安心出来るサービスだと言えるんですね。

過去にはAppleから警告を受けてサービスが終了したマンガアプリも・・・


「そんな事中々ないでしょ」

と思うかもしれませんが、実は過去に「マンガ無双」と言うアプリが規約違反によってサービス終了になってしまうという事例もあります。

マンガ無双は2015年3月にアプリをリリースされ人気を獲得していたアプリでしたが、

「米アップル社の審査通過後に成人向け漫画(アダルト漫画)を追加した」

という指摘をされ、デベロッパーアカウントの停止措置を受けてしまったんですよね・・・。

なので、違法性のあるものAppleの利用規約に反するものであればすぐにBANされるほどアプリの審査は厳しいんです。

そんな中でアプリを続けられているマンガボックスは安全である証拠にもなっています。

 

まとめ


いかがでしたでしょうか。

マンガボックスは何度も言いますが、間違いなく安心安全なサービスです。

無料で読めるからといって、ウイルスが埋め込まれると言った事は絶対にありませんので、どうか安心してご利用下さい。

マンガボックスが安全である3つの理由をご紹介しました!

マンガボックスをもっと詳しく知りたい方は以下の記事をご覧下さい。

↓↓↓

1,000万人が利用するマンガボックスとは?おすすめマンガ・特徴・口コミ・評判などを徹底解説!

「マンガアプリ何を使ったらいいか悩んでいる・・・」

という方は以下のフローチャートで自分に合うマンガアプリを選んでみて下さい!

↓↓↓

【2018年版】あなたにオススメの無料マンガアプリはこれだ!一目で分かるマンガアプリ比較表・フローチャート!

マンガボックスを使ってみる(無料)

ユウキ

マンガ歴20年・マンガアプリ歴3年のベテランマンガ評論家。日々マンガを読み続けてマンガ知識を蓄積中。趣味はマンガとゲームと白米。好きな漫画は「幽遊白書」ザマンガ編集長。

全マンガが2割引き!!
最もお得にマンガを購入出来るサービスとは?