マンガボックスの「編集部杯」を紹介!連載出来るチャンスがここに!

こんにちは!ザマンガ編集部のユウキです。

マンガボックスでは「風夏」や「生徒会役員共」などのマガジン作品からオリジナル作品まで非常に多くマンガ作品が連載していますよね。

マガジン作品が面白いのは当たり前ではあるのですが、マンガボックス発のオリジナル作品もそのマガジン作品に負けず劣らずのクオリティが高い出来なんですね。

そんなオリジナル作品がどこから生まれてくるのかというと、ほとんどはマンガボックス編集部のスカウトによるものです。

「一般の人にはチャンスがないのか・・・。」

と思うかもしれませんが、そんな事はありません!

一般の方でもマンガボックスで連載するチャンスがあります。

それが

「編集部杯」

というイベントです!

今回はこの編集部杯が一体どんなイベントなのかをご紹介します。

 

完成原稿は不要!担当と協力して制作する「編集部杯」


マンガボックス編集部杯

マンガ作品を投稿して連載権を勝ち取るというイベントは色々なマンガアプリでやっていますよね。

ですが、このマンガボックスが開いている編集部杯は一味違います。

編集部杯の見所は3つ。

① 応募に完成原稿は必要なし!

② 担当編集者と協力して読み切りを制作出来る!

③ 最終審査は読者投票で行われる!

これらの3つがあります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

① 応募に完成原稿は必要なし!


まず、応募する際に完成された原稿は一切必要ありません!

応募に必要なのは「プロフィール」と「作画見本」この2つだけです。

完成原稿が必要ないのはかなり大きいですよね。

期間があまりかからない上に気軽に応募出来るメリットがあります。

②担当編集者と協力して読み切りを制作出来る!


ここが他のマンガアプリのイベントとは大きく変わっている所であり1番の見所です。

なんと編集部杯では、マンガボックスの編集者さんと一緒に読み切り作品を作る事になります。

その一緒に作成した読み切り作品をマンガボックス上で掲載し、競う事になるんですね。

マンガ家にならなければ編集者さんと一緒にマンガ作品を作成出来るなんてこと中々ありません。

例え、連載権を獲得出来ずとも間違いなく価値になる経験ですのでマンガ家を志望している方にはとてもオススメ出来るイベントになっています!

③ 最終審査は読者投票で行われる!


次に審査方法です。

審査は2回行われることになります。

まず1回目は応募した人の中から応募された作画見本とプロフィールに次に進めるかが決められます。

作画見本だけでいいので、非常に多くの方からの応募がありそうですよね。

1次審査を通過すると次は担当編集と共に読み切り作品を作成してマンガボックス内で掲載されることになります。

ここでの審査では運営は一切関わりません!

審査員は読者の皆さんです!

読者の方による投票が行われ、1番読者から支持を集めた方が連載権を獲得出来ます。

なお、1位の方には連載権以外にも賞金30万円が出る大変豪華な特典となっています。

 

投稿方法はイベントページから可能!


編集部杯の応募方法は調べてみた所非常に簡単になっていました。

投稿方法はイベントページの最下部にある「エントリーする!」ボタンを押せばすぐに応募フォームに移動する事が出来ます。

マンガボックス イベントページ

編集部杯のイベントページはこちら!

応募フォームで、プロフィールを記載し作画見本を添付すれば応募完了です!

マンガボックス フォーム

「第1回マンガボックス編集杯」大賞作品を紹介


マンガボックス編集杯で大賞を受賞した作品をご紹介!

人間工場


人間工場

あらすじ

少子高齢化に伴う人口減少に歯止めをかけるべく、政府が人の手で人間を生み出す「人間製造計画」を発令した未来。謎の少年・大嶽晃が工場長を務める「人間工場」には、日々多くの依頼人が訪れるが、命を扱うその場所では様々な問題が巻き起こり…!? そして、計画の裏で蠢く巨大な陰謀の影……。 記念すべき第1回マンガボックス編集部杯大賞の”生命の尊厳を問うミステリー”、堂々のスタート!!
マンガボックスより引用

人間を人工的に作り出すというSF作品。

こういったSF作品はバトル物の作品が多いですが、ヒューマンドラマを描いています。

クローン人間を創ってしまった世界はどうなっているのかと言うのがかなりリアルなんですよね。

グロテスクな要素も一切なく、人間の葛藤を描いた作品となっているので考えさせられるマンガボックスで間違いなくオススメ出来る作品となっています。

 

まとめ


いかがでしたでしょうか。

連載権を獲得しなくても編集さんと一緒にマンガ作品が創れるというのはかなり良い面白いですよね。

例え、連載権を獲得出来なかったとしてもその経験は間違いなくこれからの創作活動に活かせるはずですので、マンガ家を夢に見ている方は編集部杯が開催されていた際はぜひ応募してみはいかがでしょうか。

マンガボックスの編集部杯についてご紹介しました。

マンガボックスについてもっと詳しく知りたい方は以下の記事をご覧下さい。

↓↓↓

1,000万人が利用するマンガボックスとは?おすすめマンガ・特徴・口コミ・評判などを徹底解説!

「マンガアプリ何を使ったらいいか悩んでいる・・・」

という方は以下のフローチャートで自分に合うマンガアプリを選んでみて下さい!

↓↓↓

【2018年版】あなたにオススメの無料マンガアプリはこれだ!一目で分かるマンガアプリ比較表・フローチャート!

マンガボックスを使ってみる(無料)

ユウキ

マンガ歴20年・マンガアプリ歴3年のベテランマンガ評論家。日々マンガを読み続けてマンガ知識を蓄積中。趣味はマンガとゲームと白米。好きな漫画は「幽遊白書」ザマンガ編集長。

全マンガが2割引き!!
最もお得にマンガを購入出来るサービスとは?