なぜ無料で読めるの?マガポケの無料の仕組みを紹介!

こんにちは!ザマンガ編集部のユウキです。

マガジンポケット(マガポケ)では講談社が出版しているマンガ作品を無料で読む事ができますよね。

講談社が出版しているマンガ作品と言えば「マガジン」作品です。

マガジンの名作マンガを無料でマガポケでは読む事が出来ます。

しかし、

「本当に無料で読んで大丈夫なの?」

「違法性はないの?」

というのが気になってきますよね。

違法マンガサイト「漫画村」が話題になった事でマンガを無料で読む事に対して、不安を抱く人もいるかと思います。

今回はそんな方のために、マガポケがなぜマンガ作品を無料で提供出来るのかを紹介します。

マガポケが無料でマンガが読める理由2つ


マガポケが無料でマンガを読める理由は大きく分けて2つあります。

① 講談社が出版しているマンガ作品を掲載しているから

② F2Pモデルというビジネスモデルを展開しているから

この2つです。

それぞれ詳しく解説していきます。

 

① 講談社が出版しているマンガ作品を掲載しているから


マンガアプリは今では数多くの企業からマンガアプリがリリースされていますが、マガポケとは大きく違う所があります。

それが

「運営する講談社が出版社であること」

です。

運営企業が出版社でない企業の場合はマンガを掲載するのに出版元へ掲載料を支払わなければなりません。

違法なマンガサイトではこの掲載料を支払っていない事が問題になっていたんですよね。

掲載料がなければ出版元も作者にも影響が出てきてしまいます。

なので、出版元以外の場合は必ず掲載料を支払わなければいけません。

しかし、マガポケはマガジン関連のマンガ雑誌を出版している講談社が運営しています。

マガポケでは自社で出版しているマンガを掲載しているだけなので、掲載料は一切払う必要がないんですよね。

これが無料でマンガを提供出来る大きな理由です。

② F2Pモデルというビジネスモデルを展開しているから


掲載料を支払う必要がないと言ってもそれで売上げが立つ事はありませんよね。

マガポケの売上げのメインとなっているのが「F2Pモデル」というビジネスモデルです。

F2Pモデルとは分かりやすく言うと「課金」の事です。

マガポケでは基本的にはポイントを使ってマンガを読む事が出来るようになっていますよね。

ポイントは無料で配布されていますがまとめて読むには課金してポイントを購入する必要があります。

この課金によって収益を立てる事「F2P」モデルというです。

F2Pとは「Free to Play」の略称です。

日本語に言い直すと「基本無料で課金要素有り」の事を指しています。

F2Pモデルと言えばスマホゲームで扱われる事が多いですが、マンガアプリとも非常に合っているんですよね。

比較的に少額の課金で楽しむ事が出来るからです。

マガポケでもエピソードの1話辺り20円〜50円程度で読む事が出来るようになっています。

こういった少額の課金で楽しむ事が出来るという点はもしかするとマンガアプリはゲームアプリよりもF2Pモデルに合っているのかもしれません。

ポイント以外の課金も!


マガポケではポイント以外の課金モデルもあります。

それが

「週間少年マガジンの定期購読」

です。

マガポケでは月額840円を支払えば週刊少年ジャンプを購読できるサービスがあります。

紙媒体の週間少年マガジンを購入するよりも安くバックナンバーも半永久的に保存されるので、非常に便利でお得サービスなんですよね。

週刊少年マガジンを購読するためにマガポケを入れたという方も多いのではないでしょうか。

この課金によってもマガポケでは大きな収益を挙げる事に成功しています。

マンガが無料で読めるのは有料コンテンツへの導線


ご紹介してきた内容をまとめると、マガポケで無料でマンガが読める理由は

「有料コンテンツへの導線」

という側面が強いです。

マガポケでは冒頭のエピソードと最新話付近のエピソードが基本的に無料で読める様になっていますよね。

そのエピソードを読む事によって私達読者は思わず気になってしまう作品を見つけてしまいます。

見つけてしまうとその読者は続きが気になってポイントで先を読んだり、まとめて読みたいと思った方は単行本を購入するかもしれません。

このように作品に興味を持ってもらう事で課金や単行本への売上げにかなり繋がるんですよね。

しかし、決して無料では全て読めないという訳ではなく待ってさえいれば無料で読めるようになっているという事も読者が他のマンガアプリに離れていかないようにするために非常に重要な事です。

この辺りの無料システムはマンガアプリを運営するのに非常に難しいところなんだなと思います。

単行本の売上げは下がらないの?


無料でマンガを提供していると気になってくるのが

「単行本の売上げが下がる」

という事です。

掲載料はかからないにしても、自社のマンガを無料で提供してしまったらマンガの主な売上げになる単行本が売れなくなってしまうのではないかと思いますよね。

正確な売上げは公表されていないので分かりませんが、恐らくは下がっているのではないかと思っています。

しかし、単行本の売上げが下がっても課金による売上げが出ていればそこで相殺されるか単行本の売上以上の収益が見込めるんですよね。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

マガポケの無料の仕組みはほとんどは課金によるものです。

他のマンガアプリでは広告収益を重要視している所もありますが、マガポケでは一切広告は掲載しておらずあるのは「リワード広告」だけです。

リワード広告というのは、紹介サイトに登録したらポイントが貰える機能の事を言います。

広告の収益はリワード広告のみなのであまり力は入れてなさそうなんですよね。

マガポケでは明確なビジネスモデルが構築されているので、「漫画村」のような違法サイトとは正反対な安心出来るマンガアプリとなっています。

皆さんも安心してマガポケをご利用ください。

マガポケの無料仕組みについてご紹介しました!

マガポケについてもっと詳しく知りたい方は以下の記事ご覧下さい。

↓↓↓

マガジンポケットとは?おすすめマンガ・特徴・料金・口コミ・評判などを徹底解説!

「マンガアプリ何を使ったらいいか悩んでいる・・・」

という方は以下のフローチャートで自分に合うマンガアプリを選んでみて下さい!

↓↓↓

【2018年版】あなたにオススメの無料マンガアプリはこれだ!一目で分かるマンガアプリ比較表・フローチャート!

 

マガジンポケットを使ってみる(無料)

ユウキ

マンガ歴20年・マンガアプリ歴3年のベテランマンガ評論家。日々マンガを読み続けてマンガ知識を蓄積中。趣味はマンガとゲームと白米。好きな漫画は「幽遊白書」ザマンガ編集長。

マガジンポケットを使ってみる(無料)