貯め方もご紹介!マンガポケット(マガポケ)のポイントについて徹底解説!

みなさんこんにちは!ザマンガ編集部のユウキです。

昨今、様々なマンガアプリが出ていますがどれも色々特徴があって面白いですよね。

しかし、そのマンガアプリの特徴をしっかりと理解しておかないと無料で最大限に楽しむことはできません。

今回ご紹介するマンガアプリ「マガジンポケット(マガポケ)」もポイントのシステムについて理解していないと無料では楽しめません。

「ポイントはどうやったら貯められるの?」

「ポイントの使い道は?」

など今回はマガポケの「ポイント」について徹底解説します。

そもそもマガポケって?


まずは、マガポケを知らない方に簡単なご説明を。

マガジンポケットは、講談社が運営しているマンガアプリです。

「週刊少年マガジン」の公式アプリとして、2015年7月にリリースされました。

主にマガジン系列や講談社が出版しているマンガ作品を読むことが無料で読むことができるマンガアプリです。

この時のマンガポケットは正直言ってしまえば、かなり使いづらかったんですよね・・・。

ランキングは見づらく、お気に入り機能もついてなかったのでユーザーもすぐに離れて行ってしまいました。

しかし!

そんなマガポケが2017年11月に大幅なリニューアルを実行し生まれ変わりました!

ランキングやお気に入り機能はもちろんのこと掲載作品数も増大されるなど以前のマガポケの面影はもうありません。

マガポケでは基本的に「ポイント」を消費して作品のエピソードを読みます。

今回はこのポイントについて解説していきます。

 

ポイントはマンガを読む時に使う!


ポイントの使い道は、マンガ作品を読む時に使います。

規定のポイントを消費することでエピソードを1つ読むことが可能です。

マガポケ エピソード購入確認画面

少し厄介なのが、マガポケではマンガ作品毎に消費するポイントの価格は変わってきます。

例えば、超有名作品の「進撃の巨人」は1話辺り150pかかります。

マガポケ 「進撃の巨人」エピソード一覧

お金で換算すると1話150円です。

「流石に高すぎ・・・」

と驚愕してしまいました。

しかし、他の作品を見てみると5pのものあるんですよね。

マガポケ ひめドレ

進撃の巨人を1話読むより、「ひめドレ」を全部読んでもこちらの方が安いんですよね。

色々な作品を見ているとポイントの価格は以下の傾向があるようです。

  • 有名作品は高くなる(例外はある)
  • 最新話は高くなる(基本的に80p)
  • 基本的には50p
  • 作品の初めの十数話は20p~30pと安い

マガポケではマガジン作品ではない有名作品も多数配信していますが、基本的に高いです。

また、どの作品でも最新話付近のエピソードは高いです。

他のエピソードが50pだとしたら最新話付近は80pになっていました。

マガポケ 「インフェクション」

その代わり、初めの十数話は20pと安くなっていました!

マガポケ 「インフェクション」②

マガポケではその作品を見てみないとポイントがどれくらいかかるのかが分かりません。

なので、読みたい作品がある時はポイントがどれぐらい必要になるかを事前に確認しておくことが大切です。

 

作品を読む以外のポイントの使い道


ポイントは作品を読む以外にも様々な使い道があります。

WEB版「週刊少年マガジン」を購入する


マガポケは「週刊少年マガジン(週マガ)」と「別冊少年マガジン(別マガ)」の公式アプリです。

なので、当然ながら週マガや別マガを購入することもできます。

購入はアプリの右下にある「少年マガジン」を押すと連載中のマガジン作品一覧が出てきます。

そこの左上にある「週刊少年マガジンを購入する」というボタンを押せば最新号をポイントで購入することができます。

マガポケ 週刊少年マガジン購入方法①  マガポケ 週刊少年マガジン購入方法②

最新号以外にもバックナンバーを購入することも可能です。

マガポケ 週刊少年マガジンバックナンバー一覧

価格は紙媒体のものと変わりませんが、手軽に購入できるのはいいですよね。

 

作品の応援に使う


マガポケでは、マンガ作品を応援することができます。

応援はランキングに影響するので、作品にとっては非常に重要なものです。

応援は作品のエピソードを読み終わった時にすることができます。

マガポケ 応援

1度までなら何も消費することなく応援できます。

もっと応援したい場合は5ポイント消費することでさらに応援することが可能です!

マガポケ もっと応援する

ランキングは応援数とお気に入り数で順位が変わってくるので非常に重要です。

好きな作品はぜひ応援してあげてください!

 

マガジン作品のイラストやギャラリーも購入可能!


マガポケではマンガだけでなくマガジン作品に関する様々な情報を発信しています。

そういったイベント情報の中にイラストやギャラリーがポイントで購入できることがあります。

イベントページはTOPから閲覧することができます。

マガポケ イベントページの見方

例を挙げると、マガジン有名作品「FAIRY  TAIL」のイラストギャラリーや壁紙が購入できます。

マガポケ イベント一覧

これ以外にも様々な作品のイラストギャラリーや壁紙が販売されていますので、一度みてみてはいかがでしょうか!

 

ポイントの貯め方は3つ!


まず、マガポケでポイントを貯める方法は主に3つあります。

  1. ルーレット
  2. 紹介サイトの登録・アンケート回答
  3. 課金する

順にご紹介していきましょう。

①ルーレット


こちらは1日に3回ルーレットを回して無料でポイントが獲得できるというものです。

マガポケ ルーレット

1回のルーレットで1p~50pを獲得することができます。

最高の50pは中々出ることがなく大抵は5pです。

しかし、塵も積もれば山となるです。

毎日ルーレットを回し続けて入ればかなりのポイントを貯めることができるので

マガポケのルーレットについてもっと詳しく知りたいという方は下の記事へ!

↓↓↓

最大で50ポイントゲット!?マンガポケット(マガポケ)のルーレットについて紹介

 

②紹介サイトの登録・アンケート回答


マガポケ内で紹介されているサイトの会員登録やアンケート回答によって無料でポイントを獲得することができます。

紹介サイトはショップページの上部にある「無料でポイントGET!」から見ることができます。

マガポケ ショップページ

紹介サイトの中には「dTV」や「U-NEXT」「TSUTAYA-DISCUS」など有名な企業のものが多いです。

マガポケ 紹介サイト一覧

有料会員登録のサイトが多いですが、基本的にはお試し期間が設けてありそれまでに解約すれば無料でポイントを獲得できるものが多いです。

中には無料で10,000ポイント以上貰えるサイトもありますが、ほとんどがクレジットカード発行が条件になっています。

マガポケ 高報酬サイト一覧

クレジットカード関係のサイト登録はもちろん無料でポイントを貰うことは可能ですが、大抵審査が必要なので即日では貰えないということは覚えておきましょう。

 

③課金する


一番簡単で手取り早い方法です。

ポイントはショップページから課金で購入できます。

マガポケ ショップページ

ポイントは1p(ポイント) = 1円で120pから購入可能です。

1回だけ240pを120円で購入できるキャンペーンの他に3,100p以上はおまけポイントがつくようになっています。

購入できるプランは以下のようになっています。

価格 ポイント おまけ
240円 240p なし
360円 360p なし
600円 600p なし
1,400円 1,400p なし
3,100円 3,100p 100p
5,200円 5,200p 200p
10,200円 10,200p 400p
20,700円 20,700p 900p
31,200円 31,200p 1,400p

最大で3,1200円まとめて購入することができます。

ここまでまとめて購入できるアプリ中々ないですよね。

おまけの還元率は3,100円で100p、3,1200円で1,400pなので、3%~4%程度と決して高くはありません。

無理してまとめて購入する必要はあまりないのかなと思います。

まず必要分だけ購入して、足りなくなったら購入するという方法がベストかなと思います。

他の方法よりも最速でポイントを手に入れられますので、手っ取り早く欲しい方はやはり課金してしまうのが一番です!

まとめ


マガポケのポイントについてご紹介しました。

ポイントはルーレットやサイト登録などで無料で貯めることも十分に可能です。

まとめて読むということは無料ポイントだけでは難しいですが、作品の触りを無料ポイントで読み面白そうだったら課金して作品を読むという方法で私は使っています。

ポイント機能をしっかりと理解してマガポケをお楽しみください!

『好きなマンガを無料で読みたい!』

という方は以下の記事で2,000円分のマンガを無料で読む方法を紹介していますのでぜひご覧ください!

↓↓↓

【違法性なし】マンガを無料で読む裏技を紹介!約2,000円分の好きなマンガが無料で読める!!

マンガを無料で読む裏技

マガジンポケットを使ってみる(無料)

ユウキ

マンガ歴20年・マンガアプリ歴3年のベテランマンガ評論家。日々マンガを読み続けてマンガ知識を蓄積中。趣味はマンガとゲームと白米。好きな漫画は「幽遊白書」ザマンガ編集長。

マガジンポケットを使ってみる(無料)