【絶対にヤッてはいけない異世界召喚】シメサバ先生独占インタビュー!タイトル付けに困った思わぬ理由とは!?

絶対にヤッてはいけない異世界召喚

こんにちは!ザマンガ編集部のユウキです。

異世界を題材にしたマンガ作品は星の数ほどありますよね。

どの作品も際立ったモノがあり、現実では起こりえない展開に個人的には心をときめかせてしまいます。

さてコミックスマートが運営するマンガアプリ『GANMA!』ではそんな異世界を題材にした作品も数多く連載中です。

今回はそんな作品の中でも注目を集めているファンタジー作品『絶対にヤッてはいけない異世界召喚』を連載している『シメサバ』先生にインタビューをさせて頂きました!

『絶対にヤッてはいけない異世界召喚』のタイトルについてや作品に関する秘話などお聞き出来ましたので、ぜひご覧ください!

シメサバ先生のマンガ家になろうと思ったきっかけとは?


――マンガ家になろうと思ったきっかけを教えて下さい

シメサバ先生

中学生の時に丸ペンやトーンなどの道具を手に入れたことがきっかけです。

その前からノートに描いたりと絵を描くこと自体は好きだったんですけど、その道具を手に入れた時に得たワクワク感でマンガ家になってみたいという思いが芽生えました。

――そうなんですね。丸ペンやトーンは自分のお小遣いで購入したのですか

シメサバ先生

いえ、実はもらいました(笑)

あるキャンペーンでシールを貯めて枚数に応じた好きな特典が貰えるというものがあったんですね。

その時に丸ペンやトーンなどマンガを描く上で必要な道具がセットになっている『マンガ家セット』というのが特典にありました。

他にも色々な特典があったのですが、絵が好きだったということもあって、この『マンガ家セット』を選び貰いました。

 

シメサバ先生は商業アンソロジーも多く描いている


――シメサバ先生はGANMA!で連載する前に商業アンソロジーを描いていましたよね。きっかけは何だったのしょうか

※シメサバ先生は商業アンソロジー作品にも多く関わっていました。

過去に関わった作品の中には『アズールレーン』『おそ松さん』『FGO』など有名作品があります。

シメサバ先生

高校卒業後は絵の専門学校に入りました。

その専門学校では年に数回編集者の方が来るイベントがあるんですけど、そこで商業アンソロジーをやってみないかというお声をかけて頂いて、描かせて頂きました。

その後は、ネット上で作家募集をしているサービスがあり、そこに登録した時から様々な作品に参加させて頂くことになりました。

 

GANMA!の良いところとは?


―― GANMA!の良さはどういったところにあると思いますか

シメサバ先生

オリジナルを描かせてもらえるというか、描きたいものを一本描けるというところです。

商業アンソロジーで、いろいろな版権の作品を描いていました。

版権モノは別の楽しさはあるんですけど、オリジナルの作品も描きたいなと考えていたので、自由に描かせていただけるのは良いなと思います。

あとは、読者さんの反応がすぐに見れるところですね。

緊張して毎話のコメントを見るのは胃が痛いですが・・・(笑)

 

連載する他の案にはTKGを題材にした作品があった!?


――『絶対にヤッてはいけない異世界召喚』を描こうと思った理由について教えて下さい

シメサバ先生

連載が決まった時にいくつかのプロットを担当さんに出して決めてもらったのですが、『絶対にヤッてはいけない異世界召喚』はその中の一つでした。

そして『絶対にヤッてはいけない異世界召喚』は実は数合わせだったんです。

というのもファンタジー作品は世の中に溢れすぎてるから通らないと知り合いから聞いていたんですね。

なので、『絶対にヤッてはいけない異世界召喚』のような『異世界あるある』な作品は通らないだろうと思っていました。

結果的にそのファンタジー作品が通ってしまったんですね(笑)

――なるほど。ちなみに他のプロットはどんなものがありましたか

シメサバ先生

腐女子のゾンビモノや王道な現代モノ、あとはTKG(たまごかけごはん)のお話がありました。

――TKG!?どんなお話だったんですか

シメサバ先生

鳳凰の卵を食べた男子高校生がお腹の中で鳳凰を飼うというお話だったと思います。

私が一番を力入れていたのはこのTKGの作品でした(笑)

――意外性がかなり強い作品ですね・・・(笑)

シメサバ先生

そうですよね。

ただ、人間関係は『絶対にヤッてはいけない異世界召喚』のように強めの女の子と振り回される男の子という関係で似ている所は結構ありました。

 

実は一番苦労したのはタイトル・・・


――連載を始める上で苦労したことってありますか

シメサバ先生

タイトルを決めるのは苦労しました。

初めはプロット段階だったので、タイトルは適当につけていたんですね。

連載するとなっていざタイトルを決めようとした時に、以前連載していた作品を思い出しました。

以前に連載していた作品のタイトルは『父がロリなもので』というマンガ作品だったんですが、その作品を身近な知り合いに紹介するのはそうでもなかったんですけど、親戚の人に紹介したりする時は結構恥ずかしかったんですよね・・・(笑)

時と場合によっては恥ずかしいタイトルでした。

なので、今回は口に出しても恥ずかしくないタイトルにしたいと担当さんに相談して試行錯誤した結果、決まったのが『絶対にヤッてはいけない異世界召喚』というタイトルでした。

※『父がロリなもので』

シメサバ先生が以前連載していたラブコメ作品。

重度のロリコンの主人公が一目惚れした幼女が父親だったという、かなり奇妙なシチュエーションで繰り広げられる。。

ド変態イケメン、ど天然美少女、ゴキブリが可愛いなど特徴的なキャラクターが登場する魅力的な学園ラブコメ作品です。

 

――そうだったんですか。ちなみに『絶対にヤッてはいけない異世界召喚』は紹介しやすいですか

シメサバ先生

声に出したら恥ずかしくないなと思います。

字面で見ると少し恥ずかしいですけどね・・・(笑)

 

描きたいと思うのは『異世界あるある』


――ファンタジーを描く上で、どういった物語を描きたいと思っていましたか

シメサバ先生

連載する時に描きたいと思っていたのは『異世界あるある』です。

『こういうのあるある』と読者さんに思ってもらえたらいいなと考えていました。

――あるある描くのは怖くなかったですか。『これはパクリだ』なんて言われることがありそうな気もします。

シメサバ先生

怖いとは思わなかったです。

『なろう系』とはよく言われていますけどね。

原作があると思われてて、エゴサとかすると『やってはいけない異世界召喚  原作』とかも出てきたりするんですよ。

ただ『異世界あるある』の王道を読者の皆様と一緒に楽しみつつ、自分なりにアレンジを加えて良い意味で予想を裏切っていければと思っています。

 

自分に似ていると思うキャラは主人公の『洋』


――連載する上で、重要視している点を教えて下さい。

シメサバ先生

キャラクターについては重要視しています。

キャラクターは自分だったらどう考えるかをベースにしてまず考えています。

この状況だったら自分だったらこうするだろうなと考えながら作っていくということです。

逆にぶっ飛んでいるキャラであれば自分がやらないなと思う行動を描いたり、キャラの行動には良く考えながら描いています。

――なるほど。ちなみに自分の性格に似ているキャラクターはどなたでしょうか。

シメサバ先生

性別は違うんですけど、主人公の『洋』ですかね。

事流れ主義の考え方とかは似ていると思います。

1話の時の洋みたいにあそこまで世の中に卑屈にはなっていないですけど、連載する前までは商業アンソロジーばかり描いていたので『このままでいいのかな』なんて卑屈に思っていたこともありました(笑)

 

――逆に描きづらいキャラクターは?

シメサバ先生

性格とかではなく造形が描きづらいと思うのはヒロインの『ウルフィーナ』ですね。

ファンタジーなので、服とかが特徴的でパーツが多いので作画コストがかなり高いんです。

その分、洋は普通の服装なので描くのがすごく楽です(笑)

 

『絶対にヤッてはいけない異世界召喚』の今後の展開とは?


――今後の展開はどうなっていくかネタバレがない範囲で教えて頂けますか

シメサバ先生

『異世界あるある』の展開はこれからも貫きたいなと思います。

あとは一応紹介文に『ちょっぴりエッチな』と書いてあるので、あれはノルマかなと思っています(笑)

――なるほど(笑)そのあたりは毎話意識しているんですね

シメサバ先生

そうですね。

煽り文句みたいになってしまっているので、入れていかないと約束を破ったみたいになるので使命感でやっています。

ただ、毎話そういった展開を入れるのって本当に難しくて、有名マンガ雑誌などで『エッチ枠』みたいな作品がありますが、その作品を描いているマンガ家の方達は本当に凄いなと描いていて思いました・・・(笑)

 

――今のところはそのノルマは達成出来ていますか

シメサバ先生

いや、それが出来ていないんですよね・・・。

そういった回はおまけで描かせてもらってます。

読者の皆様、すみません・・・。

――最後に読者の方に一言お願いします!

シメサバ先生

これからも異世界ならではの『あるある』と絶対にヤッてはいけない『ドキドキ』を伝えて行ければと思いますのでお付き合い頂ければ嬉しいです。

応援よろしくお願いします!

 

まとめ


いかがでしたでしょうか。

様々なマンガ作品がある昨今であえて『異世界あるある』で連載するという考えは凄いですよね。

また、TKGの話はすごく気になりますよね・・・。

今後も『こういうのあるある』と思ってしまうような展開が描かれていくそうなのでぜひ楽しみにしていて下さい!

シメサバ先生本日は貴重なお話ありがとうございました!!

マンガアプリ何を使ったらいいか悩んでいる・・・

という方は以下のフローチャートで自分に合うマンガアプリを選んでみて下さい!

↓↓↓

【2018年版】あなたにオススメの無料マンガアプリはこれだ!一目で分かるマンガアプリ比較表・フローチャート!

GANMA!(ガンマ)を使ってみる(無料)

ユウキ

マンガ歴20年・マンガアプリ歴3年のベテランマンガ評論家。日々マンガを読み続けてマンガ知識を蓄積中。趣味はマンガとゲームと白米。好きな漫画は「幽遊白書」ザマンガ編集長。

マンガ読み放題サービス公開!
無料でマンガを読む