「冬島暮」先生独占インタビュー!「双無しの人形」はこうして生まれた!

双無しの人形

こんにちは!ザマンガ編集部のユウキです。

コミックスマートが運営するマンガアプリ「GANMA!」は先日1,000万ダウンロードを達成したそうです。

マンガアプリが様々な企業からリリースされ競争が激しい中で確実に人気を獲得しているのがGANMA!なんですね!

そのGANMA!で人気を集めているマンガ作品を皆さんはご存知でしょうか。

それが「双無しの人形」という作品です!

人間と人形が共存するダークファンタジーな作品となっており、その可愛い作風からは想像し得ないグロテスクな展開が話題を集めています。

今回はそんな「双無しの人形」の作者である「冬島暮」先生に直接インタビューをさせて頂きました!

冬島暮先生

「双無しの人形」や「冬島暮」先生のでここでしか語られていない情報が盛り沢山ですので、ぜひご覧下さい!

 

冬島先生のマンガ家になるきっかけ


――冬島先生の、マンガ家を始めたきっかけは何ですか?

冬島暮先生
小さい頃から絵に関する仕事はしたいと思っていました。
だからと言って、何かマンガ家になるためにやっていたという訳ではないんですよね。ホントに趣味の域で同人即売会などに同人作品を出させて頂いていました。
その時に以前の編集さんに私の作品を手に取って頂けまして・・・。
「作画をやってみませんか?」
というお話を頂いたのがマンガ家になるきっかけです。

 

――なるほど、かなり運命的な出会いですね。その時の作品が「姉弟ほど近く遠いものはない」なんでしょうか。

冬島暮先生
そうです。「姉弟ほど近く遠いものはない」は小説が原作となっていて、コミカライズする際に作画担当としてお声かけ頂けました。

※姉弟ほど近く遠いものはない
弟の事が好きすぎて暴走しがちな姉と、そんな姉の将来を心配し冷徹に接するように弟の日常ドタバタ学園コメディ作品。
姉だけでなくそんな2人の周囲にいる登場キャラはヤンデレだらけとかなり個性的なキャラをしています。
姉萌えの方にはかなりオススメの作品。

 

――GANMA!との出会いは何だったのでしょうか。

冬島暮先生
GANMA!さんともその時の担当さんに紹介して頂いたのがきっかけです。
その際に、GANMA!では読み切り企画をやっていたので、「隣人妖怪尾崎さん」という4コマ作品を読切としてまず出させて頂きました。

隣人妖怪尾崎さん

――そうなんですね。「隣人妖怪尾崎さん」で連載しようと初めはお考えだったんでしょうか。

冬島暮先生
はい、その通りです。しかし「隣人妖怪尾崎さん」を出して読者からの反応を待っている間に担当さんに「企画は色々持っていたほうがいい」というアドバイスを受け「隣人妖怪尾崎さん」とは別のネームを担当さんに出させて頂きました。
それが「双無しの人形」だったんです。
担当さんの「双無しの人形」の評価が思っていたよりも良くて・・・。
「双無しの人形」で連載しましょうって話になりました(笑)

 

――これまた凄いきっかけだったんですね。

冬島暮先生
ハートフルコメディ4コマ作品からダークファンタジー作品という真逆のお話を描く事になってしまったんですけど、これはこれで良かったなと思っています。
こうしてマンガ家になれたのはホントに偶然で、趣味でやっていこうと思っていた時にお声をおかけ頂いたという巡り合わせには本当に感謝しています。

 

冬島暮先生が影響を受けた作品はこのマンガ!


――冬島先生自身が影響を受けた作品はありますか。

冬島暮先生
はい。西島大介先生の「ディエンビエンフー」です。
可愛くデフォルメされたキャラなのにストーリーがグロテスクなストーリーが元々好きだったので、西島先生の「ディエンビエンフー」の様な作品には凄く感化されています。

※ ディエンビエンフー
ベトナム戦争をの渦中において、従軍カメラマンの少年とゲリラの少女の出会いを描いた恋愛マンガ作品。可愛い作風ながらもグロテスクなシーンや登場人物の多くの人が亡くなってしまうというリアルなベトナム戦争を描いています。主人公の2人は冒頭で最後には自殺してしまう事が明かされており、その2人が自殺するまでの物語という冒頭から

 

――確かに、「双無しの人形」も可愛い作風ながらもストーリーは非常に暗い展開が描かれていますよね。

冬島暮先生
そうですね。可愛くデフォルメする事でグロテスクな描写が苦手な方でも読めたりしてしまうんですよね。
やっぱり多くの方に読んで頂きたいのでその辺りも意識はしています。
勿論キャラに対しても配慮はしっかりしてますけどね。

 

GANMA!の良さとは?


――続いてGANMA!の良さはどんな所にあると思いますか

冬島暮先生
気軽に読めるというところですね。
パソコンからも読めて、アプリも会員登録などが必要なくダウンロードするだけで読めるのが良い所だと思います。
後は完全無料で読めるので、私としてはオススメがしやすいというのあります。
お金がかかってしまうと人にオススメはしづらいですが、全話無料で読めるので途中からでも
「ぜひ読んでみて下さい!」
と宣伝しやすいんですよね。

 

――GANMA!の完全無料はホントに凄いですよね。無料で読める事はマンガ家さんにとっても嬉しい事なんですね。

冬島暮先生
はい。もう一つは読者さんからのコメントをリアルタイムで見れるという事も良い所だと思います。
昔のマンガ家さんはファンレターやTwitterのつぶやきなどで限られていたのでGANMA!さんだとコメントですぐに感想を貰えるのは何よりも嬉しいです。

 

――GANMA!のコメント欄はホントに良い雰囲気ですよね!あるマンガアプリでは荒れてしまっているコメント欄もお見受けしますからね・・・。

冬島暮先生
そうなんですか。最近ではコメント欄がより盛り上がって貰えるように試行錯誤しています。
後書きに入れている4コママンガもその1つだったのですが本編よりも多い感想を頂けたので驚きました(笑)

 

――それは凄いですね・・・!確かに後書きの4コマは本編とは違った雰囲気のやり取りが描かれているので思わず読んでしまいます。

冬島暮先生
ありがとうございます。初めは4コマもたまに入れようかなと思っていたのですが、好評だったので継続して入れるようにしています。
コメント欄は何よりも励みになっているので、読者の皆様にはホントに感謝しています。

 

双無しの人形はこうして生まれた!


――自動人形(オートマトン)の物語を書こうと思ったきっかけはなんなのでしょうか。

冬島暮先生
人間対人間のドラマももちろん面白いんですけど、人間と人間でないもの描きたいなと思ったのがきっかけです。
「双無しの人形」では自動人形は今でいう「携帯電話」に近い役割を担っています。
姿は違えど人のために尽くし、人のために働きます。
そんな彼ら彼女らを人間はどう受け止めているのかを大事にしています。
人ではないからこそ残酷な部分が描けるのではないかと思っているんですよね。
人間同士のドラマも楽しいとは思うんですけど、人間と人間ではないモノのドラマが描きたかったんです。

 

――なるほど。どう受け止めるかと言えば、双無しの人形では「家族」というものが重要になっていますよね。

冬島暮先生
はい。「家族」というものは色んな意味で特別ですし、一言では表せないものだと思っています。
人間と人間でない者の家族をどう描くかが重要なテーマです。
双無しの人形ではそんな家族を一言で言い表さないような物語を描きたいと思っています。

 

――家族は色々な形があると思います。私にとってはペットが家族です。双無しの人形の主人公であるメルシアさんは人形医師という珍しい職業ですが、この発想はどこから来たのでしょうか。

冬島暮先生
そういう世界だから人形を修理する人がいてもいいかなと思いまして。
グロテスクな表現が多いのでそれを治療出来る人もいたらいいなと。
もっと言えば、色々な人形との出会いを描きたいなと思っていたので、立場的にはそしたらお医者さんかなと思いました。

 

――確かに人形医師なら多くの人形との関わりが描けますもんね。ちなみに今までのエピソードでお気に入りのエピソードはありますか。

冬島暮先生
凄い悩みますね・・・(笑)
1話1話自分なりに考えて作ってはいるんですけど、強いて言うなら第1話ですかね。
双無しの人形でやりたい事を全て詰め込んで描いたつもりなので。
作画はちょっと変わってしまっているんですけどね(笑)

双無しの人形 第1話

双無しの人形 第1話

 

――1話は可愛い作風でいきなり戦闘が始まったので非常に驚いたので覚えています。

冬島暮先生
1話1話繰り返し読んでもらうと新たな発見があるように作っていて、1話からその仕掛けをしているので、
「ここはおかしいんじゃないか」
と思って頂いた所が大きなヒントになっていたりもします。
その辺りにも注目して読んで頂けたらなと思います。

 

――その辺りもコメントで鋭い指摘をする読者さんもいらっしゃいますよね。それでは最後に読者さんに一言お願いします!

冬島暮先生
双無しの人形を読んで頂いてホントに感謝しております。
一度でも気になって読んで頂けたらこの上なく嬉しいです。
双無しの人形は今後もっと辛い展開も多くなってきます。
賛否両論はあるかもしれませんが、色んな感じ方を一人一人して頂きたいので、結末まで見届けて頂けたらなと思います。
引き続き応援のほど宜しくお願いします!

――冬島先生、本日は貴重なお話ありがとうございました!

双無しの人形 イラスト

冬島暮先生から描き下ろしイラストも頂けました!!

まとめ


冬島暮先生のマンガ家になったきっかけや自動人形のきっかけまで貴重なお話をたくさん頂けました。

また、冬島暮先生の読者の方への感謝の気持ちも凄く伝わってきました!

本日はたくさんのお話ありがとうございました!

 

マンガアプリ何を使ったらいいか悩んでいる・・・」

という方は以下のフローチャートで自分に合うマンガアプリを選んでみて下さい!

↓↓↓

【2018年版】あなたにオススメの無料マンガアプリはこれだ!一目で分かるマンガアプリ比較表・フローチャート!

GANMA!(ガンマ)を使ってみる(無料)

ユウキ

マンガ歴20年・マンガアプリ歴3年のベテランマンガ評論家。日々マンガを読み続けてマンガ知識を蓄積中。趣味はマンガとゲームと白米。好きな漫画は「幽遊白書」ザマンガ編集長。

全マンガが2割引き!!
最もお得にマンガを購入出来るサービスとは?