なぜ無料?comicoが無料で読める仕組みを紹介!

こんにちは!ザマンガ編集部のユウキです。

comicoではチケットによって制限つきではありますが、マンガ作品を無料で読む事が出来ますよね。

しかも無料で冒頭から最新話まで無料で読む事が出来るのが凄い所ですよね 。

昔ではほとんどのマンガサイトが冒頭までしか読む事が出来なかったのでホントに良い時代になりました。

読者としてはいい時代になりましたが、

「こんな面白いマンガが無料で読めてしまっていいのだろうか?」

「なぜ無料でマンガを読む事が出来るのだろうか?」

という疑問が湧いてきますよね。

最近では「漫画村」が話題になったことから無料でマンガが読めるサイトやウェブに不安を抱いている方も多いと思います。

しかし、comicoは間違いなく安全なマンガアプリです。

今回はなぜcomicoが無料でマンガ作品を提供出来るかについて、どうやって売上げを立てているかなどから探っていきます。

 

comicoが安全な理由は3つ!


comicoの主な収益は3つです。

① ユーザーの課金

② 広告収益

③ IP(知的財産)戦略

それぞれ説明していきます。

① コイン購入による課金


comicoではチケットを使ってマンガ作品を無料で読む事が出来ます。

その無料分を超えるエピソードを読みたい場合はコインが必要です。

そのコインを購入する課金がcomicoの収益となっています。

ちなみにこのビジネスモデルの事は「F2P」と言います。

「Free to Play」の略称です。

日本語に言い直すと「基本無料で課金要素有り」の事を指しています。

ゲームアプリは今やこの手法が一般的ですよね。

このF2Pというビジネスモデルが非常にマンガアプリに合っているんです。

comicoではマンガ作品のエピソードを1つ読むのに30〜50枚で読む事が出来ます。

コインは1枚 = 1円で購入する事が出来るのでマンガ作品のエピソードは30円〜50円で読む事が出来るという訳ですね。

ゲームアプリの課金と比較すると、かなり安いです。

それだけの少額で読めるとなるとついつい課金してしまうという方も多いのではないでしょうか。

F2Pモデルはスマホゲームのガチャが代表的な例ですが、それ以上にマッチしているのがマンガアプリなんですね。

② 広告収益


comicoでは様々な所に広告が掲載されていますよね。

トップページには動画広告が表示され、マンガを読む前にも広告が表示されます。

この広告を掲載する事によって掲載料を得る事が出来、収益源になっています。

広告は他のマンガアプリでも掲載されていますよね。

それだけ広告収益はマンガアプリの重要な収益源になっているということです。

また、もう一つ重要なのが、「リワード広告」という掲載方法です。

リワード広告とは、アプリ内で紹介されているサイトを会員登録したり、ダウンロードする事でユーザーが報酬を得られるタイプの広告の事を言います。

comicoでも紹介サイトに登録する事でコインを獲得出来るようになっていますよね。

comico 紹介サイト・アプリページ

このリワード広告は利用しているユーザーもお得にポイントが獲得でき、広告主も自分達のサービスをただみてもらうだけでなく会員登録までしてもらえるというどちらにも大きなメリットがついているんですよね。

その分掲載している運営側は広告主からより多くの掲載料を得る事が出来ます。

この様な広告の掲載料がcomicoのもう一つの収益源になっているのです。

 

③ オリジナル作品を他メディアに展開していく(IP戦略)


comicoで最も重要なのがIP戦略です。

IP(知的財産)とはマンガアプリで言えばオリジナル作品の事言います。

IP戦略について簡単に説明しますと、

「オリジナル作品を創って、アニメやゲームなどの他メディアに展開していく」

という事です。

ゲーム化やアニメ化をする場合はゲーム会社やアニメ会社はその作品の許可を貰うために「使用料」を支払う必要があります。

そいの使用料を得る事を目的としたのが「IP戦略」と言うんですね。

comicoでは「ReLIFE」や「ナンバカ」「ももくり」などがアニメ化されています。

このようにオリジナル作品をどんどん創り出して他メディアに展開することで利益を得ています。

人気が出る作品を排出しないといけないという非常に難しい戦略ですが、上手くいくと大きな利益が得られるビジネスモデルです。

 

 

この3つで収益を立てる事でマンガ作品を無料で提供出来る!


comicoではこの3つの戦略で収益を立てる事が出来ているので、マンガ作品を無料で提供出来ています。

今までのマンガサイトは冒頭を無料で読んでもらい興味を持ってもらいその作品を購入してもらう事が目的でした。

しかし、今あるマンガアプリではマンガ作品をより多くの読者に読んでもらう事で広告をみてもらい、IP戦略によって収益を立てられる事も出来ます。

このようにマンガ事業のビジネスモデルが変わった事により、comicoではマンガを無料で提供する事が出来るのです。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

comicoでは3つのビジネスモデルで収益を上げています。

マンガが無料で読めるからといって、漫画村のようにウイルスが入ってしまうという危険性は一切なくcomicoは間違いなく安全なマンガアプリだと言えます。

どうかみなさんも安心してcomicoをご利用下さい!

comicoの無料でマンガが読める仕組みについて解説しました。

comicoについてもっと詳しく知りたい方は以下の記事をご覧下さい。

↓↓↓

2,800万DLを達成したcomico(コミコ)の人気マンガ・特徴・料金・評判などを徹底解説!

「マンガアプリ何を使ったらいいか悩んでいる・・・」

という方は以下のフローチャートで自分に合うマンガアプリを選んでみて下さい!

↓↓↓

【2018年版】あなたにオススメの無料マンガアプリはこれだ!一目で分かるマンガアプリ比較表・フローチャート!

Comico(コミコ)を使ってみる(無料)

ユウキ

マンガ歴20年・マンガアプリ歴3年のベテランマンガ評論家。日々マンガを読み続けてマンガ知識を蓄積中。趣味はマンガとゲームと白米。好きな漫画は「幽遊白書」ザマンガ編集長。

全マンガが2割引き!!
最もお得にマンガを購入出来るサービスとは?